スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本の格差社会は「差が見える」から問題になる:サイゼリヤで食べることで”気遣う”富裕層
友人から、最近の親仲間はサイゼリヤで飲み会をすると聞いた。なんでサイゼなんかに、と思ったら背景は貧富の差にあるらしい。金持ちも貧乏な家もクラスの親御さんには混ざっており、波風立てないためにはたらふく食べても2000円くらいで済むサイゼリヤがいいのだ、という。つまり、富裕層側の”気遣い”である。

格差社会という言葉はもう新しくない。また、日本特有のものでもない。アメリカでトップ0.1%の富裕層がそれ以下の富の総量を超えたようだ。1929年、世界大恐慌の時代以来のことらしい。下の図はハフィントンポストが作成した格差を示すグラフ。
1975年から2007年までに、収入がどのように分配されてきたかを国別で示している。トップ1%が握る富が全体に占める率が茶色になっている。これを見ると、アメリカ、カナダは特に格差がひどい。


1112graph.jpg

格差社会自体はどの国にも溢れているし、格差が”ある”こと自体は問題ではない。格差を乗り越え、上昇するチャンスが受験や福祉で平等に与えられていれば、むしろ格差は「がんばった分だけ報われる」社会の表れでもある。とはいえ、富裕層への移動が頻繁に起きるわけではない。中央大の山田昌弘教授は日本の問題は「格差の固定化」にあると述べた。がんばった子ではなく、お金持ちの子がお金持ちになる傾向が強まっているというのだ。

しかし、それでも国民の満足度に大きな影響があるとは思わない。金持ちが連日パーティをする中で労働者が餓死するほどの格差があれば別だが、貧しくてもそれなりに生きていけて、コミュニティで受け入れられる場所があれば満足ではないだろうか。その考え方は”マイルドヤンキー”のような、脱成長志向の若者に反映されている。-お金持ちにはなれなくても、地元で仲間と行くいつもの場所が幸せ-という価値観は、少なからず共感を誘う。

しかし、日本では格差が問題視される。
なぜならば「貧しい家と、富裕層の家が頻繁に接触する」からだ。

たとえばイギリスでは貧しい家の子と、富裕層の子が一緒に授業を受けることはない。イギリスは階級社会なので、富裕層の子弟は全寮制の私立に小学校から通い、そのまま大学進学を目指す。

いっぽう、労働者階級の子弟は公立高校で義務教育を終えるとすぐに労働者になる。階級によって利用するスーパーマーケットすら異なるので、接点はほとんどない。仮に労働者階級からベッカムのようにサッカー選手が輩出されても、彼の階級が上昇するわけではない。英語のアクセントすら異なる階級社会では、幼少期の教育からやりなおさない限り階級を変更できない。

別にイギリスの階級社会が優れているというつもりはないが、少なくとも私が知る範囲で固定した格差=階級があることを問題視する声は聞いたことがない。かく言う私も中産階級の学校に通ったので、労働者階級の声すら知らないのだが。

しかし、日本は違う。日本ではごく一部の子供を除き、初等教育を公立の学校で受ける。地域差によって貧富が多少分類されていても、必ずそこには貧乏な子、裕福な子が混ざる。私は”東京だったら普通、地方では金持ち”くらいのそこそこ家庭で育ったので、小学校で貧乏で家にシャワーが無い子を見るのは衝撃だった。彼らも彼らで、夏休みに今年はどの国へ行こう?なんてノンキな話をする私のことが許せなかっただろう。

いったん交じり合った交友関係は続くこともある。facebookには小中学校の友人が複数いるが、同級生Aはフルート奏者になってミュンヘンに留学しており、同級生Bは18歳で結婚してトラック運転手の夫と一緒に3人の子供を育てている。音楽留学は年間600万以上かかるとも言われ、私の家庭ではほぼ不可能。このような歴然とした差が「同級生」というあたかも同じくくりで扱われることに違和感を禁じえない。

そして、そういった場合に遠慮するのは「富裕層」だ。ご飯を食べるとき外ならサイゼリヤかさくら水産で、それでも相手のペース以上にお酒を飲んではいけない、海外の話はしない、暮らしぶりが判るような話ではなく「男女間の友情ってあると思う?」みたいな、誰とでも話せる話題を選ぶ。それでもちらっと現状がもれることがある。そのとき、富裕層は「しまった」と思い、貧困層は「なぜ”同じ”なのにこんな差が」と思う。

格差が問題に見えるのは、目に見える場所に差があるからだ。派遣社員の前に正社員が座っていて「同じ」仕事をしている。「同級生」で貧富が明らかに違う。平等だといわれているのに実情が異なるとき、怒りが生まれるのは当然のことである。

そういう意味で、私は階層別に学校を分けたり職場を分けたほうがいっそお互いにやさしくなれるのではないかと、一番最初のサイゼリヤの件を聞いて思っている。無論、教育という格差移動のチャンスをむしろ今より手厚く用意しながら。

【2014/11/12 12:31】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(17) | page top↑
年収は減っても増える結婚式費用-結婚すらできない20代

非婚率の増加が取りざたされる中で
”若者にお金がない”というのが理由にされることがある。
その中で数日前にバズっていたのが
若者はお金がないから恋愛できないのだろうか?という記事。

所得が少ないことではなく、恋愛・結婚に対してのコストが
バブル時代の金額でストップ高なのに
若者の所得は下がっているので対応できない、という視点があり
多くの人が共感したのではないかと思う。
そこで調べてみたところ、意外な事実が明らかになった。
若者の年収は減っているにもかかわらず、
結婚にかかるコストは昔より増えている
のだ。


結婚適齢期を仮に20代後半で考えてみると、
20代後半男性の平均年収は367万円。
これに対し、2013年に結婚した男性の平均年収は462万円。
平均年収と結婚前年収には約100万円もの開きがある。
同データによると、年収462万円に平均年収が届くのは30代後半だが
平均初婚年齢は男性で31歳なので、
20代後半~30代前半で、比較的所得の高い人が結婚しているのだろう。

では、なぜこのようなギャップが生まれているのか。
近年では「結婚式はしない」という人も増えているが
それでも本当に何もしない人は少数派
「身内だけの食事会」「写真撮影」「婚約指輪」など
結婚というライフイベントは結婚式以外にもお金がかかる。

婚約から結婚関連でかかる費用の総額は459万円なので
20代男性年収の1.3倍、女性年収の1.6倍を
今まで結婚したカップルは結婚で使っている
ことになる。
20代男性の年収は2006年より、12万円減っていて
消費税や社会保険料の増大とともに、
使えるお金は減っているはずなので
結婚というイベントだけでも金銭的負担が大きいことがわかる。

しかも、結婚総費用は増加傾向にある。
たとえば結婚式&披露宴で使う金額は2012年平均で344万円。
景気回復傾向と言われていた2006年の結婚総費用は303万円だったので
なぜか景気は当時より悪化しているのに、
結婚式で使う費用は41万円もアップしている。

平均単価が上昇している背景には、
(1) 式場のコストアップ:消費税増税&単価アップで経営維持
(2) 高まるゲスト志向:1名当たりの料理費用が上昇
この2点が関連しているようだ。

特に2点目のゲスト志向だが、
1名当たりの料理費用が2013年には1.9万円になっており
2007年調査より1000円アップ。
お見送りの際に渡すカタログギフト、引き菓子も値段が上がっており
招待客の平均人数で換算すると13万円もゲスト関連費が増えている


ここからは推測だが、結婚式というのが
「親・上司への義理」でできていた以前とは異なり
ゲストへのお礼を伝える場になっているのではないか。
もっと穿った視点だと、結婚式でゲストに嫌われないためには
ゲストをもてなさなければ後が怖い、と思っているのではないか。

特に近年はネットで「ありえない結婚式」の事例を
たくさん目にすることができるようになってしまった。
友人が高級式場の最低料金で結婚式を挙げた結果(´Д`)
今まで出席した結婚式(披露宴)で、最悪だったものは?

結婚式がネタとして2chに晒されることはそうないとしても
リアルタイムでfacebookにアップされ、
すぐに結婚式場や料理のグレードが見破られてしまう。
もてなしに手を抜くと、実録として残ってしまう。

「コストで手抜きができない」
「けれども所得は無い」
結婚だけでこれだけのプレッシャーを感じていることを反映するように
結婚資金を事前に貯蓄していた比率が上がっている
結婚というライフイベントがコストとして
精神的にも、経済的にも重い負担である以上
若者が憧れるより憂鬱な気持ちにさせられるのは当たり前といえよう。

【2014/10/22 12:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
それでも私はめいろま(May_Roma)さんがすごいと思う
めいろまさん、というのはTwitterで有名な方で、
もともとIT系業務に携わり国連でのキャリアもありつつ
現在は情報通信コンサルタントをしているらしいです。
本名の谷本真由美 名において著書
『日本に殺されずに幸せに生きる方法』や
『キャリアポルノは人生の無駄だ』などを
最近相次いで出版しているので
書店でご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

めいろまさんはかなり議論をふっかけるされる方で
主なTwitter上の論点としては
・日本は男女差別がひどく、女性が自由に働くことができない
・日本の労働環境は最低、ピザが5分遅れるだけでなじられる
といったように「日本のココがひどい」を
いま在住のイギリスであったり、かつて住んでいたイタリアと
比較して話していることが多いです。

議論をふっかける方全員に当てはまることですがTwitterでは賛否両論。
「外国を持ち上げて日本を貶す昭和の自己啓発本システム」と言われたり
「めいろまさんの仰ることはごもっともです!」と
信者 vs アンチのような構造ができています。

私は正直、別にめいろまさんのファンとはいえそうにないのですが
めいろまさんのTwitterでのあり方は支持したいと思っています。
彼女のすごいところは論点ではなく
Twitterで唯一「お前の意見はクソ」とほぼ全員へ反論を返しているところです。

有名人アカウントでも批判の応酬はありますが
それはたいてい「お前はクソ」「もうブロックします」であって
「お前の”意見は”クソ」ではないわけです。

なお、めいろまさんも別に博愛主義者ではなさそうなので
面倒くさい人やロジックのとんだ人に絡まれると
「氏ね」とか「うんこ」と返したり容赦ないブロックをかまします。
議論と中傷は激しく分けているっぽいです。

Twitterではよく、ある特定の論点に対する
意見の応酬だったはずが、そのまま発言者の好き嫌い に
なってしまうことがままあります。
「めいろまの意見が嫌い」=「めいろまが嫌い」
「めいろま様の意見がすごい」=「めいろま様すごい」なわけです。
それって、でもなんだかおかしくありませんか。

私たちは個別の人間であり、
他人の意見に完全に同意することなんてできません。
めいろまさんの男女平等観には同意する私でも
彼女のヘヴィメタ趣味はどうあがいても受け入れられません。
私にとってはヘヴィメタは雑音でしかありませんが
それによって私を嫌いになられても困るわけです。

すなわち「相手の意見」を「相手そのもの」とみなさず
意見をやりあえる場所をTwitterに持っているのは
めいろまさんくらいではないかなぁ、と思っています。
それはおそらく、彼女が恐ろしいほど一般ユーザーの批判に対しても
全力でぶった切るという容赦ない態度が関係しているのかもしれません。

ちなみに、私はMay_Romaさんがmixiにいらして
まだ「May」と名乗っていたころから見ていました。
「イギリス留学」というコミュニティにいためいろまさんは
mixiでもそりゃ手厳しく夢見る留学希望者をぶった切りました。

「300万も貯めずにイギリスに行くなんておかしい」
「ホームステイで語学学校じゃ何のキャリアにもならない」
「都心に行ったら日本人コミュニティで集まって英語話さないのがオチ」

実際はその通りです。「イギリス留学コミュニティ」には
日本より物価が高い国なイギリスで、
『100万円あれば1年過ごせますかね?』なんて
想像力が足りなさ過ぎる質問が相次いでいました。

バイトしながら勉強すればなんとか生活はできると思って~と言われても
イギリスの学位はバイトしながら取れるほど甘くないですし
なにより英語すらしゃべれない留学生を誰が雇うのでしょう。

でも、Mayさんがナタを振るうまでは誰もそういった意見を
「イギリス留学コミュニティ」では言えませんでした。
留学希望者は鬱屈した話を望んでいませんでしたし
留学エージェントはそこでいかに志願者を捕まえるかで躍起になっていて
ネガティブな情報を排除したかったからです。

May_RomaさんはTwitterでも罵詈雑言をガンガンぶつけます。
その結果、意見が動き、議論が生まれています。
Twitterでの議論は文字制限から難しいにもかかわらず
日本人が最も苦手としている「議論」が可能になっているのです。

めいろまさんの意見は反対部分も多いのですが
日本で「意見に反対」と言える場が生まれたこと自体が
画期的な変化ではないでしょうか。

そして、そのようなチャンスがあるのですから
ぜひ「めいろまは嫌い」とか「めいろま△」などとまるごと否定・信望するのでなく
ほぼ全員に議論の返信をする彼女に
”意見を交換”されたらいいのではないでしょうか。

「私はあなたの意見には反対だ、
だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」
                - ヴォルテール(フランスの哲学者)

Q.もしこのブログがきっかけでめいろまさんにブロックされたら?
A.うーん、ちょっとがっかりしながら、そんなものかなって思います。
【2014/07/29 09:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前ページ | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。