スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今さらながら恋愛工学を賛美する男性に思うこと

今さらだが、恋愛工学を賛美・実践する男性について思うことをまとめてみる。

恋愛工学が批判にさらされるきっかけになったのは恋愛工学が謎タームばかりでめっちゃキモ面白い件という記事がきっかけだ。恋愛工学は「知ってる人は知っているモテテクのメールマガジン」から「有名なモテテク」くらいには広まった。

広まると同時に、女性からはネガティブな感想が出た。「恋愛工学」に手を染める“キョロ充”の群れ。噂のナンパマニュアルは男たちを破滅へと導く麻薬!? は、うまく批判をまとめている。

モテるはずの女性にグサグサ刺されたということもあり、恋愛工学生も反論を講じた。「恋愛工学を批判する女はブス」というお話にならないものから、「恋愛工学は男の本能である《美人とセックスしたい》を叶えるツール。同時に何人も付き合う戦略なんて、女性の立場からすれば不都合な真実だろう」という納得できるものもあった。

だが、女性が恋愛工学を受け付けないのは、そこが理由ではない。

恋愛工学は「よく切れるナイフ」と同じだ。いいナイフはものを切り裂くことができる。でも、使い道を誤ると人を傷つける。

恋愛工学もそうだ。女性をドキドキさせるすべがそろっている。本命の女性が現れて、一緒になりたくなったら私も迷わず恋愛工学を使うだろう。だが、使い道を誤れば性暴力として相手を傷つけかねない。

たとえば、同時に複数を口説くのが恋愛工学ではベースになっている。私も、男女問わず勧める戦略だ。1人へ愛をコミットすると、ひとはキモい行動をとりがちになる。相手に好かれるためにも「そこそこの好意」に止める技術が求められる。

だが、本命の相手が現れて、しかもその相手と付き合い始めたら愛情は一人に注いだほうがいい。「付き合う前」の戦略と「本命と付き合った後」の戦略は全く異なる。だが、恋愛工学は前者しかない。

恋愛工学は「この男はいい男だから逃したら手に入らないかも」と不安にさせる技術だ。しかし、付き合った後に必要なのは「この男は私を大事にする人だから愛し続けたい」と思わせること。不安を与える男は、女から切られてしまう。そういう意味で、恋愛工学に本命を大切にする方法は存在しない

だが、恋愛工学を聖書にしてしまった男性たちは切り替えができない。本命ができても恋愛工学の「相手に向き合わず不安にさせる」方法を継続してしまう。恋愛工学生が「ナンパゲーム」のためだけならいい。だが、恋愛工学、PUA、どれも最後の夢は「最高の相手と愛し合う関係」なのだ。

不信にかられた本命女性に振られると、恋愛工学生は「恋愛工学の技術が足りなかった」と方法ではなく熟練度を反省してしまう。そして、振られたことを”糧”としてハントへ出かけてしまうのだ。真実の愛を求め、学生は恋愛工学漬けになる。著者にとっては都合がいいかもしれないが、そのために読者も女性も幸せになれないシステムなのである。

だから恋愛工学を実践する男性に思うことはただ一つ「恋愛工学があればナンパの勝者になれる。でもあなたをベターな人間にはしないし、真実の愛も手に入らない。そういう道具だとわかっているなら、いいんじゃない」なのだ。40歳の孤独にむせぶヤリチンの成れの果てを何人も目にしつつ、私はそれを閲覧し続けよう。


スポンサーサイト
【2015/05/05 18:36】 | 恋愛こじらせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<外資系OLのぐだぐだは別のブログへ引っ越しました | ホーム | オタク彼氏の集めたコレクションを勝手に捨てた>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/89-692a4b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。