スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
メールの誤字で体罰、計算ミスで24時まで残業!?過干渉でやる気を奪う上司と楽しく仕事を続ける秘訣



たとえばあなたが今日、急ぎのメールを仲の良い取引先へ送ったとします。
数分後、上司が激怒してあなたの元にやってきました。

上司「メールの書き出し、《時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます》とは何だ!ご清祥は個人に宛てる言葉だろう!」

こんな調子でメール1本に赤が10箇所以上入れられ、再送することになります。ところで先方は仲の良い取引先なので「いつもお世話になっております、くらいでいいのに《時下ますます~》なんて律儀だなあ」と感心していました。しかし上司は「お前はこれから、俺のOKが出るまで他社へメールを送るな」と指示。部下は上司がいる時間にしかメールを送れず、プロジェクトが遅延することになりました。

このように、部下の業務に強い干渉を行う指導方法を「マイクロマネジメント」と呼びます。マイクロマネジメントは何でも上司の許可がいるようにすることで部下の自主性を奪い、やる気をなくさせます。パワハラの一種として認識されているほか、婉曲的なリストラの手法としても使われます。仕事がシステマティックに動く日系大企業よりも、裁量権の大きい外資やベンチャーでよく起きるようです。

私は今までに数名のマイクロマネジメント上司に当たり、時には何人ものうつ病を発生させてきた上司だったこともあります。メールの例に倣えばスペースは全角だけ使え、「○○様」は文字サイズを0.5pt大きく、署名欄のフォントは氏名だけ明朝で電話はゴシック体がいい・・・など列挙しても信じてもらえないかもしれません。

しかし、そんな上司でも楽しく仕事をするすべはあります。今日は過干渉を行う上司と楽しく仕事をする方法について、生き延びた経験から書いていきます。


・上司は「不安でたまらない」ことを察してあげる

マイクロマネジメント型の上司の共通点として「自分の仕事を完璧にしなくちゃ!」という強い不安を抱えていることを挙げておきます。特に年次の浅い上司ですと、それまで《よくできる部下》の立場で頑張ってきた経験の方が長くあります。そのため自分が上司になったときは「期待を裏切らないように、前の自分と同じアウトプットを出さなくちゃ!」と踏ん張ります。

ところが、出世直前の経験豊富なヒラと(大抵それより年次が浅い)自分の部下の出来は異なってきます。何なら、新卒の学生が「お世話になっております」どころか「こんにちは。」とメールを書き出すこともあるでしょう。そんな時、上司は強い不安に襲われます。《私の完璧だった仕事が壊される!》と。

このように、マイクロマネジメント上司は「こんにちは。」の一文で心が吹っ飛ぶほど繊細なメンタルの持ち主であることを理解し、優しく包んであげなくてはいけません。自分が部下だと思うのはやめて、親のつもりで上司を育てる心意気でいきましょう。


・正確さのためなら仕事を遅らせる

よくマイクロマネジメント上司は「この書類を今日中に送れ」「でもミスは許さないので、何度でもチェックさせろ」という矛盾したことを言います。「急げ、でも急ぐな」-こういった間逆の指示をされると部下はパニックに陥りがちです。意味が逆の指示を同時に与えることを「ダブル・バインド(二重拘束)」といい、児童虐待やパワハラの場面でよく見られます。

でも上司はこの指示がダブル・バインドだと気づきません。なぜでしょうか?

実はこの指示のうち「今日中にやれ」は《上司の上司やお取引先など、他人から与えられた指示》なのです。上司の本音としてはできる限り時間をかけて完璧な書類を出したいが、周りがそれを許さないという不安状態にあります。

だからヒラとして大切なのは、目の前の上司を安心させてあげること。即ち「遅れてもいいから正確にやる」ことです。

もちろん期限に間に合わないことで小言を言われることもあるでしょう。しかし、その小言は「早く提出して質が低かった」仕事の1/10になります。なぜなら、時間をかけても正確なものを提出することが「上司が本当にやりたかったこと」だからです。遠くの偉い人より目の前の上司。スピードより質を優先させましょう。


・取引先を味方につける

マイクロマネジメント型の上司は、取引先にもそれがバレています。「同じ会社でもあの部署から出てくるものは遅いなあ」と思われていたり、部下を叱る上司を目の当たりにしているからです。だからこそ味方につけるべきは取引先の人たち。「いつも上司が厳しくて大変だね」と言ってもらえるようになったらこっちのものです。

プロジェクトが遅れそうなときは事前に電話し「すみません、弊社の上長が……」と曇らせた声で相手を説得しましょう。こうして「正確さを優先することで上司に気に入られる」だけでなく「取引先にも上司を言い訳に待ってもらう」根回しをすれば完璧です。

(なお、相手が下請けの場合はプロジェクトが遅れたせいで相手が徹夜したり、休日出勤するはめになります。お中元・お歳暮・お土産などで少しでもいたわってください・・・・・・。)


・「完璧な部下」と「ダメな可愛い部下」のどちらを求めているか見極める

マイクロマネジメント型の上司は《本当に完璧な部下》を求めている場合と《可愛いダメ部下》を求めている2パターンがあります。私の実感値では、比率で3:7くらいです。あまりに部下がデキると、マイクロマネジメント型上司は「私の存在意義がないかも」と不安になるからです。

もし後者の《可愛いダメ部下》を求める上司に出会ったなら「完璧な仕事マイナス1」の仕事をするよう努めましょう。そこで「もー、どうして表の題名を太字にし忘れてるんだ?これだから俺がいないとなぁ」と思わせるのが部下の腕です。なお、上司が変わったときにすぐ対応できるよう完璧な文書のコピーは必ず作成しておきましょう。


・上司は細かさという強みを持つ人材であると認める

上司は圧倒的にあなたより細かい人間ですが、「ミスをしない」強みで生きてきたことに間違いはありません。どうしてもミスが生まれがちな細かい作業を完璧に仕上げられるというのは、大きな強みです。上司の部下を教える手法は一切教わる必要はありませんが、完璧な書類を作るためにどうやって見直しているのか、スキルは盗んでおくことに越したことはないでしょう。

また、上司の細かさは「いびる性格」なのではなく、「仕事上の強み」と知ることで、上司がいざミスをしてもたまたま強みが見られなかっただけと思うようになります。これが「いつもうるさい上司だな」と思っていれば「なんだ、人のミスはがなりたてるのに自分のミスは笑って謝罪かよ」とフラストレーションを溜めかねません。

上司はたまたまミスが極端に少ない強みを持つだけで、あなたと同じ人です。上司のミスを見えないうちにキャッチできる部下になれば、あなたが次の上司になっても、部下のミスを同じように事前キャッチできるようになります。

以上、マイクロマネジメント上司と楽しく仕事するコツについて書いてみました。新卒でいきなりこんな上司に出会ってしまった方や、転職でこんなはずじゃないと思った方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーサイト
【2015/04/28 12:13】 | ライフハック | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<オタク彼氏の集めたコレクションを勝手に捨てた | ホーム | 表層と深層:深さを感じさせるアートとは何か>>
コメント
外資系も姑根性?旺盛な上司が跋扈してるんですね(°□°;)


会社や上司は変われど、ここ10年はそんな上司の元で働いてましたw


【2015/04/30 18:35】 URL | ライム #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/87-6994bc51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。