スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
表層と深層:深さを感じさせるアートとは何か

アートには表層的なものと、深いものがある。表層的なものは100人に見せたら90人が「可愛い!きれい!すごい!」と感じるようなものだ。表層的なアートの代表はラッセン、ミュシャだったり、ガウディやJILL STUARTのコスメまで入るだろう。

「表層的なアート」というと《深いアートに比べてレベルが低い》と誤解されるかもしれないが、そんなことはない。アートを「みんなのもの」にしたのは、表層的なアートの功績である。かつてアートは貴族など特権階級のものだった。表層的なアートは、私のような一般人へも美を解き放ったのだ。

また「誰にでも伝わる」ものを作ることほど、難しいことはない。「すごい!美しい!」といった感覚は、人によって大きく異なる”はず”だからだ。「みんなのもの」である表層的なアートに比べて、限られた人にだけ伝わる《深い》アートは、一般人から美を遠ざけているとすら言えよう。

では「深いアート」とは何か。深いアートは、簡単に言うと変化を楽しむものである。

ラーメン屋で、鰹だし、シイタケ、春菊、柚子と「○○の香り」と一言で言えないような、複雑な香りが押し寄せてくることはないだろうか。もっと高尚な例だと、ワインを嗅いだときに蜂蜜、乳酸、レモンの香り・・・・・・と香りが時間で変わったりしないだろうか。こういう言葉にし辛い感覚がいくつも重なっている作品を、私は「深いアート」と呼んでいる。

深いアートは一見、表層的なアートと区別がつかない。モーツァルトなんかそのいい例で「胎教にぴったり!」などと癒し系サウンドにされる半面、交響曲に詰め込まれたかなしみに心をやられてしまったファンは多い。

音楽から美術に移れば、モンドリアンの絵はぱっと見で「わからない」人が多いと思う。が、例えば下の絵が「ニューヨークの街を表現した」といわれたらどうだろう。

broadway001.jpg


Google Mapに慣れたわれわれなら、これが俯瞰した地図とネオンの輝く様子であることがストリートビューのように視覚化されるはずだ。視覚では伝わらないはずの「喧騒」や「煌びやかさ」もっと言えば「都会への憧れ」という感情までも、流れ出してくるストーリーがこの絵に深みを与えている。

深いアートには情報が必要だ。《この音楽、明るいけどなんだか悲しそうだし、激しそう》や《この絵、まるでネオンみたい》という直感に、モーツァルトの人生やモンドリアンの「ブロードウェイ・ブギ・ウギ」という絵の題名が深い理解へと導く。直感で感動して、理解して感動する。深いアートには、2段階の感動がある。


ところが。深いアートに出会い、感動を人に伝えようとすると言葉は役に立たない。複雑な感覚を言葉で説明するには、いつだって言語は不十分だ。たいていは「あの作品、すごいんだよ」という言葉になってしまう。深いアートはその深さゆえに、表層的なアートの「すごい」と変わらない言葉でしか伝えられない。

その結果、表層的なアートも深いアートも「あの作品、すごいんだよ」という言葉で拡散していく。そして表層的なアートを求めて深いアートに出会った人は「なんじゃこりゃ」となってしまう。美味しいラーメン二郎があると思ったら本場のフレンチが出てきたぞ、と。そして人は思う。「アートって/クラシックって/グルメってetc……よくわからん」

非常に、もったいない話である。

作品は感覚で味わうものだ。もっと言うと五感で感動したものを人が事後的に「作品」と呼び始めるのだ。例えば、私はフランク・ミュラーの時計をバカにしていたけれど、下の動画で一気に惚れこんだ。



では、何が深いアートを「よくわからん」にさせるのか。私は、その時の気分だと思っている。深い感動が欲しい人に表層的なアートを紹介する。逆に、単なる「ぐっとくるものが欲しい」気分のときに深いアートを紹介する。こういう場違いな出会いは「アートそのもの」を嫌いにさせる。結婚記念日のレストランを探しているのにトンカツ屋を推されたり、おかゆが食べたいのに一流の寿司が出てきたら、トンカツや寿司ごと嫌いになるかもしれない。

もしそういう理由で捨て去ったアートが今までにあるなら、もう1度たずねてみてほしい。今度は正しい気分のときに。


スポンサーサイト
【2015/04/23 18:53】 | ライフハック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<メールの誤字で体罰、計算ミスで24時まで残業!?過干渉でやる気を奪う上司と楽しく仕事を続ける秘訣 | ホーム | 東京姉妹もはあちゅうも既婚子持ち?:ネットで有名人になるということ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/86-e4323e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。