スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
意識高い学生()のカタカナ語を笑う前に社会人は反省すべき

こんにちは、ライフはエンジョイしていますか?

就活では「カタカナを使いすぎると面接官にすら意味が伝わらず落ちる」と言われます。意味が通じればいいのですが、用法を誤っていたり、面接官がその言葉の意味を知らなかったりすると《生意気》ならまだしも《宇宙語を話している》と判断されるためです。

私もOBG訪問で学生からカタカナで話しかけられ「うっ、何を言っているか判らないけど言えない」と脂汗を流したことは1度や2度ではありません。

そこでふと「意識の高い学生しか使わないカタカナと、外資社員に浸透しているカタカナの差はなんだろう」と思ったので用法と一緒に比較してみたいと思います。


《意識の高い学生だけが使ってしまうカタカナ語》

まずは意識の高い学生がよく使うわりに、外資系社員が使わないカタカナ語を書いてみます。全部OB訪問などで聞いたことのある単語を並べました。

コンセンサス
意味:合意
例文:この飲み会、場所はコンセンサス取れてるの?

コンセンサスとは厳密に言うと「共通認識」で、政治学などで使われる学術英語でもあります。会議の参加者全員が議題に対して共通認識を持った場合などで使用します。現実で外資社員がコンセンサスを使わないのは『共通認識なんかクソほどもないけどスケジュール感だけ異論なしだった』など”部分的OK”のケースが圧倒的に多いからでしょう。
ヒラから社長レベルでコンセンサスを形成できる日なんて来たら、天変地異が起こるわ!


パラダイムシフト
意味:意識改革
例文:文化祭にパラダイムシフトを起こし、いっそ学外でイベントをやろう

パラダイムシフトを起こすことで物事の根底をひっくり返し、市場に革命が起きることも少なくありません。しかしパラダイムシフトを言うは易し行うは難し。私がパラダイムシフトを実感したのはソ連崩壊後の内戦を勉強していたときくらいで、少なくともビジネスでは発生しにくいものです。


アントレプレナー
意味:起業家
例文:この前アントレプレナーが集まる会で先輩からいろいろ教わったよ

社畜に起業家精神は求められていないため、外資系企業では使いません。「アントレプレナーシップ(起業家精神)を以って御社でも成長を~」なんて言われたら「んじゃ起業してください」ってなります。起業してらっしゃる方でもあまり使ってるところを聞いたことがないのですが、学生はどこでこの単語を吸収するのでしょうか。


オルタナティブ
意味:代替
例文:最悪このドイツ語落としてもオルタナティブでゼミの授業2つ取ってるからさ

私がこの単語を聞いて連想するのは伝説のゲームことマブラブ オルタネイティブぐらいですが、学生からは日常会話で使っているのを聞きます。「オルタナティブでプランBを用意しました、いかがでしょうか」より「代わりにプランBはいかがでしょう」の方が短いので日本語でお願いします・・・・・・。


メイクセンス
意味:理に適っている
例文:夜3時に終電はないからパーティ明けのホテルはメイクセンスっしょ?

外資でも使わないことはないが、学生が使うとすごくダサく聞こえる文章です。おそらくmake senseという中学生でも使えそうな構文のレベル感がそうさせるのでしょうか。それとも私がOB訪問で「僕は大学時代にサークルで対立したグループをメイクセンスな形でまとめあげ」というエピソードを聞いてしまったのがいけなかったんでしょうか。



《外資社員が私生活でも使ってしまうカタカナ語》

次に、外資系社員がつい私生活でも使ってしまうカタカナを書いてみます。外資とはいえ専門職が使うカタカナ(e.g. カウンターパーティリスク、コストパークリック)は排除し、できるだけどこの業界でも使われそうな単語を選出しました。

FYI
意味:ご参考までに
例文:FYI(とだけ書かれたメールが転送されてくる)

元々はFor Your Information。上司が部下などへメール転送する場合などへ使います。FYR(For Your Reference)というほぼ同義語もあります。私生活ではデートプランなどを相談しているときにイベント情報のURLと一緒にFYIと書いて送ってしまいます。フリックで「これなんかどう?」って入力するより早いんだもん・・・。


ASAP
意味:なるべく早く
例文:ASAPでファイル送って

As Soon As Possible(なるべく早く)の頭文字省略形です。口語で「あさっぷ」と読まれたり、ひどいメールだと「あさっぷでファイル送っといて」と文章から急いでる感じが伝わってくることも。私生活では「ごめん、ASAPで来れる?」などで使用。


タイト
意味:(スケジュールなどが)厳しい
例文:タイトなスケジュールの中ご協力くださりありがとうございました。

タイトなジーンズにねじ込む、私という戦うボディです。上の例文を日本語でメールにすると「限られた期間の中でご協力くださり~」となるのでタイピングする文字が増えてダルい、というのが頻出理由かと思われます。私生活では「20分後に丸の内集合ってタイトすぎない?」とかで使います。


OJT
意味:現場研修(という名の研修なしでいきなり現場仕事)
例文:研修が全部OJTって、いくらなんでもひどい

On the Job Training(仕事に就きながら研修を受ける)の意味で、要するに「あとはやりながら覚えてね」という意味です。確かに理論ばかりを研修で扱ってもしょうがないのですが、100%現場研修だったりすると、メールの打ち方から学ぶ必要がある新卒には辛そう。


コミット
意味:仕事に取り組む約束
例文:コミットしたものは死んでもデリバーしろ

コミットとは、プロジェクトへ取り組む約束。プロジェクトは上から降ってくるのでコミット「させられる」ことの方が多いです。そして1度コミットしたものは死んでもデリバー(完成)しろという社風のところもままあります。特にコンサルなど、依頼人がいるプロジェクトでは期日までにコミットしたものを提供できないと大変なことになります。



こうして並べると、外資社員が実際に使う単語は「短いカタカナ語」で「人から詰められたり、プロジェクトに追いかけられているときの言葉」に集中していることがわかります。対して学生が使う言葉はアントレプレナー、コンセンサスなど物事が好意的に進んでいるときの言葉や、もとは学問用語だった言葉が多く見られます。

意識高い学生の方がビジネスに対してポジティブな見方をしているということの表れとして怪しいカタカナ語が氾濫するなら、むしろ良い兆候。意識高い学生()を笑う前に、現場で使用される言葉が悲観的すぎることに外資社員が内省すべきときなのかもしれません。


スポンサーサイト
【2015/03/16 13:36】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ルミネCM騒動から学ぶ、男が女向けマーケティングをすると自分の憧れ女性像を重ねる悲劇が起きるわけ | ホーム | 優しい人こそ、同性愛を拒絶したくなる>>
コメント
某外資で働いてますが、メイクセンス、コンセンサス、オルタナティブめっちゃ使われてます〜!
入社したとき、なんだこのルー大柴集団は!?きもーと思ったものですが今では自分も使ってしまいますね。
【2015/03/17 01:08】 URL | へなりあ #-[ 編集] | page top↑
FYI, ASAP,OJT あたりは外国では別にコンサルじゃなくても普通に使うので納得ですね。
Commitはそんなに忙しくないので、使われたこともないですね。代わりにEOD(End of the day)がよく見ます。タイトより自分はhecticをよく使われます。
パラダイムシフトはThomas kuhnの科学革命の構造から来た言葉ですが、中々革新的な科学史に関する本なので、暇なら(なわけないか)読んでみると良いと思います。
【2015/03/19 00:17】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/77-3ad4875c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。