スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
40代になってしまったヤリチンの闇と余生

ヤリチンといえば、女性を数多く経験し、酸いも甘いも知っている像が思い浮かぶ。ナンパ師がナンパ講座を開けば非モテ男性が集まり、恋愛を『誰にでもできる科学的手法である』風に見せれば、恋愛講座の受講者はあとを絶たない。

であれば、そのめくるめく経験の末に突入する40代は、ハーレム王国かはたまた最愛の最上スペック女性なのか、と思うところだが、ヤリチンの進路は基本的に2つしかなく、しかも薄暗い。

今回はヤリチンの40代で直面する進路と、背景にひそむ理由について書いていきたい。

ヤリチンの進路1 JDに貢いで体を求めないおっさん

ヤリチンにとってJDとは「違法でない最も若いカラダ」である。20代の頃からJDを求め、しかもテクニック巧みに手に入れてきた人間にとってはJDくらいの年齢層が自分のスタンダードになっていく。

しかし、ヤリチンが忘れているのは『自分はどんどん加齢して冴えないおっさんになっていく』ということだ。その事実はヤリチンに40歳ごろ、急に訪れる。

20代ヤリチン  話が面白ければJDにモテる
30代ヤリチン  話が面白くてご飯を奢ればJDにモテる
40代ヤリチン  JDにキモがられる

こんな具合で。

JDにとって20代は「まだまだ同年代」であり、30代は「ギリギリお兄さん」である。しかし40代ヤリチンは父親の年齢に近い人間として「お兄さん」の枠を外れてしまう。

というわけで40歳になったヤリチンは突然「おっさん」と言われるのだ。それでも彼らは同年代の女性に目を向けることはできない。40代女性はメンタルが20代で止まった彼らの目には「おばさん」にしか見えないのだ。(自分の意識では)俺はまだ20代だというのに!

従って、40代のヤリチンはJDに手を出せなくなってもなお、JDげおごりながらご飯を一緒に食べて時間を過ごす。JDから見ると「がっついても来なくて金づるになる素敵な人」になるというわけだ。こうしてグルメなプロJDは生まれていく。

ヤリチンの進路2 メンヘラに引っかかる

本来ヤリチンは恋愛のプロではない。『女性をモノとしてハントする』ことには長けていても「身持ちが堅い1人のパートナーを大事にする女性を選ぶ」目はない。ヤリチンの性質上、身持ちが堅い女性は排除すべき対象だったからだ

しかし自分が「選ぶ立場」だった男性は思う。

『あー、もう充分遊んだけど、結婚するなら、堅実に家のことはこなしてくれて、恥ずかしくない学歴の女いないかなぁ。結婚しても浮気するだろうからバレたら困るし、ちょっとバカな女で気づかないくらいがいいなぁ』(詳しくはぱぷりこさんの:「ちゃんとした女が好き」というヤリチンが選ぶ女が、まったくちゃんとしていない件

そしてそんな女性を見つけ「やはり自分は選べる立場だったんだ」と満足してステディを手に入れる。しかし、40代で浮気性の男を許せる女は大抵メンヘラである

メンヘラは父性に飢えているタイプも多い。お父さんに愛されたかった代償行為として、同じくらいの年齢の男性に甘えたくなるのだ。しかし、そんな『お父さん』が他の女といちゃいちゃ浮気するのを許せるほど、本来は心が広くない。溜まりに溜まった父性への渇望(かつ浮気への怒り)は、オーバードーズや自殺未遂などヤリチンがとうてい手に負えない結末を招く。

ヤリチンは思う。「とんでもないメンヘラにひっかかっちゃったよ」
そして、無反省のまま次の「身持ちが堅い1人のパートナーを大事にする」女性を探す旅へ出てしまう。

本質的にヤリチンとメンヘラは似ているのだ、と二村ヒトシが『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』で書いている。

ヤリチンもメンヘラも自分の心に抑えきれない「心の穴」があって、寂しさの風が吹き荒れている。その抑えきれない風を沈めるために、常に相手を欲し、異性で埋めていこうとする。しかし、異性は「穴埋め」でしかないので自分にとって大切な人にはできない。心の穴はまた風で荒れる。異性を手に入れる。その繰り返しだ。

だからヤリチンが女性を「対象物」としてではなく「1人のパートナーとして自分を大事にされたい」なら、それまでヤリチンが避けてきた「自分を傷つけうる強さ」や「自分を振るかもしれない怖さ」と向き合わなくてはいけない。

しかし、30歳頃に男性から相手にされなくなりはじめるビッチと違い、ヤリチンは自分のさみしさに気づく機会が40代になるまで与えられない。30代であればやり直せたことも、人生半ばとなれば難しくなる。だから、ヤリチンの余生はさみしいものとなりやすいのである。

私にはヤリチンの友達がそれなりにいる。そして、彼らは美しくJDをまえに咲き誇っている。彼らは彼らでさみしさを埋めるために、生きるためにヤリチンをしているのだ。だから私は彼らを責めたくはないし、どこかで奇跡が起きて、かれらが寂しさのトロッコから抜けられないかな、と切に願っている。



スポンサーサイト
【2015/02/04 00:47】 | 恋愛こじらせ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<「いい人がいない」のは無意識に自分が「選ぶ立場」だと勘違いしてたからだった | ホーム | 結婚前の女が一番浮気しやすい:婚約破棄をするカップルたち>>
コメント
男は40代になったら俄然モテなくなるのはおっしゃる通り(人によっては35超えたあたりから)ですが、ずっとJDを狙い続けるのは一部の病的なヤリチンでしょう。
さすがにヤリチンでも40代になったらアラサーより上あたりの女性をメインで狙いますよ。
【2015/05/05 20:09】 URL | うえしま #-[ 編集] | page top↑
50歳より
個人的には30前後が好みだが、この層は真剣に結婚を考えているし、自分なんかに貴重な時間を浪費させてはならないとあえて自重している。25歳以下ならば、おっさんと付き合ってみたことも「若気の至り」「黒歴史(笑」で済むし、リカバリーに十分可能な時間がある。なので狙い目なのだ。JDなんて、付き合ってもつまんないよ。突き合う方はまだしも。
ひとつ、50近くになって分かったのは、容貌の衰えとともに、これまでコンタクトされたことのないオバサンからのアタックが増えることだ。鬱陶しいので、「倍以上男子を目指している」と公言し、バリアーを張っている。アラサーあたりでこちらにアタックしてくるのは、マジでメンヘラが多く、対応を間違えるとストーカー化するので大変だ。
【2015/05/06 07:12】 URL | unknown #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
身につまされる話である
【2015/05/07 09:23】 URL | #-[ 編集] | page top↑
コメント欄で自分は違うもんと反論書き込んでるおっさんが一番面白かった
【2015/05/07 10:44】 URL | #-[ 編集] | page top↑
↑実際違うんだろうから違う人もいるよって書くのは別におかしくないよ
【2015/05/08 14:51】 URL | #-[ 編集] | page top↑
>ヤリチンとメンヘラは似ているのだ、

凄く的確です。
プロが書いたのかと思って読んでいたらOLさんのブログだったのですね。
びっくりしました。

もうすぐ50才になる元ヤリチンの私が大納得しました。
本当に当たっている。
どのようにして、こういう考えに至ったのかを詳しく知りたいです。
【2015/06/03 15:16】 URL | #RAa2TALo[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/70-32d3f0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。