スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
全部市販品でできる!インフルエンザ・ノロ完全対策

そろそろインフルエンザの季節。感染者がご家族にいる場合やお子さまがいるご家庭は気にされる方も多いと思います。そこで今回はインフルエンザ・ノロ完全マニュアルをご提案します。

インフル、ノロはどちらも市販の洗剤で防止できます。ではなぜ、市販の漂白剤や洗剤はインフルエンザ・ノロに効くか一発で判るように宣伝しないのでしょうか?答えは法律です。ある特定の病気に有効だと述べるためには「医薬品」として製品を売らなくてはならず、その審査は日用品と比較になりません。

たとえばインフルエンザをほぼ絶滅できる洗剤があっても、企業側はハッキリ言えません。今回は調べた上でインフル・ノロ防止になり、かつすぐ側のドラッグストアやコンビニで買える製品について書いておきます。


1.インフルエンザ対策

インフルエンザは比較的不活化しやすいウイルスです。アルコール消毒でもすぐに組織が壊れて感染できなくなりますので、手ピカジェル のような携帯アルコール剤ですぐ消毒できます。また、クイックルワイパーもエタノールが主成分なので掃除で活用してみてください。


手ピカジェル 300ml【HTRC3】手ピカジェル 300ml【HTRC3】
(2006/11/06)
手ピカジェル

商品詳細を見る



クイックルワイパー 立体吸着ウェットシート 16枚入クイックルワイパー 立体吸着ウェットシート 16枚入
()
クイックル

商品詳細を見る


ファブリーズは公式Webサイトにインフルへの効果が書かれています。帰宅後にコートへかけることで外からウイルスを持ち込む防止になるかと思います。


ファブリーズ ダブル除菌 370ml 【HTRC3】ファブリーズ ダブル除菌 370ml 【HTRC3】
(2012/02/08)
ファブリーズ

商品詳細を見る


インフルエンザウイルスは衣類用洗剤でもたいてい死滅します。ウイルスの膜は界面活性剤に弱いので、界面活性剤の入った衣類用洗剤(トップナノックスアタックアリエールなどほぼ全ての洗剤です)を使えば死滅します。まめな洗濯が鍵になりそうです。

クレベリンを始めとする「おくだけでインフル対策」アイテムですが、消費社庁から景品表示法に抵触するとして指導が入りました。まったく効かないということもないかもしれませんが、誇大広告になる可能性を指摘されているのであまり信頼しすぎてもいけないかと思われます。


2.ノロウイルス対策

ノロはインフルエンザより大分手ごわい敵です。彼らはインフルエンザのような「膜」なしで活動できるため、普通の洗剤では活動をとめないのです。

ノロウイルスに有効なのは「次亜塩酸ナトリウム」です。具体的にはキッチンハイタードメストを薄めたものを使います。

個人的にはドメストの香りが塩素っぽくて好き(学校のプールを思い出して青春の思い出に浸れる)ので家中ドメストを使っていますが、面倒くさがりにはキッチン泡ハイターがオススメです。最初から泡で出てくるので薄めることを考えなくて済みます。


ユニリーバ・ジャパン ドメスト 500ml×5本ユニリーバ・ジャパン ドメスト 500ml×5本
()
ユニリーバ・ジャパン

商品詳細を見る



キッチン泡ハイター ハンディスプレー 【HTRC8】キッチン泡ハイター ハンディスプレー 【HTRC8】
()
ハイター

商品詳細を見る


厚生労働省の勧めを参考に、私はペットボトルキャップ2杯分のドメストを500mlペットへ入れる方法で薄めています。

おもちゃなどを消毒する場合はもう少し薄めにして、1リットルの水へペットボトルキャップ1杯が適量のようです。

特に家庭内で感染者が出ている場合は衣類もドメストを薄めた液につけて洗います。洗濯機を経由して他の衣類にまでウイルスがついてしまいます。トイレ掃除のときは、マスクをしてトイレの壁まで薄めた液で拭きます。

インフル対策に比べて面倒ですが、ドメストやカビキラーは、一部の材質を腐食したり溶かしてしまうのでその後水ぶきしましょう。ドメストなどに含まれる次亜塩酸ナトリウムは長持ちしないためそのつど作る必要があります。作り置きは無駄になるのでご注意ください。また、メガネ、マスク、ゴーグル、ゴム手袋をして自分の肌を痛めたり、ウイルスがうつらないよう注意してください。

次亜塩酸ナトリウムはいわゆる「混ぜるな危険」洗剤ですので、酸性洗剤と絶対に混ぜないでください。酸性洗剤にはティンクルサンポールがあります。


以上、インフルとノロ対策でした。いずれにせよ初期感染対策は、うがい、手洗いが大事。正しいうがいをしてください。加湿も有効です。加湿器がない場合はベッドシーツなど大きな洗濯物を室内で干してみてください。ノロ対策としては、貝類が美味しい季節ではありますが、冬の二枚貝には気をつけてください。

それでは、よいクリスマスを!





スポンサーサイト
【2014/12/25 19:24】 | ライフハック | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<いい年して結婚しないと人格が歪むから総合職を辞めた | ホーム | 自分を見捨てる前に、抱きしめてあげてください>>
コメント
ノロ対策間違ってますよ。
ノロは一粒の菌でもあれば感染する、すごく力のある菌です。

消毒方法は間違っていませんが、食材の消毒をしないと意味がありません。
特に生野菜。手指の消毒

次亜塩素酸だけではなく、今は専門のアルコール消毒スプレーもあります。そちらの方が手軽でしょう

また糞便や吐瀉物からの空気感染も忘れてはいけません。

知識のある方だと思われますが、中途半端な知識を公開するのは。。。





【2015/01/03 08:35】 URL | #JalddpaA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/59-5fcaa4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。