スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
真面目な上司こそ欝になる部下を生みやすい

「苦労したから他人に優しくなれる」という言説があるが、あれほどひどい嘘はない。人生の初期に苦労した人間は『1度自分のキズが癒される経験がない限り』同じ苦しみを人に与えてしまうことがままある。

有名な例では、渡邉美樹氏がいる。渡邉美樹氏は若いころ経済的な苦労をし、ハードな引越しのアルバイトで貯めた資金を注ぎ込んでワタミ1店舗目をオープンした。彼の自伝を追うに労働環境は非常に厳しかったといえるだろう。

その結果、渡邉美樹氏が労働者の天国であるホワイト居酒屋を作っただろうか。答えは過労死訴訟に集約されると思うので深くは触れないが、個人的には労働者にとって辛い職場環境を作ったと言える。

もっと個人的な例だと、前職には苦労された方が多かった。個人情報のためフェイクを入れるが、長年虐められていた、親友の自殺、レイプ被害など、本来ならメンタルを病む人もいるだろう生育環境から育った人が多かった。ハードな生育環境から脱出し、外資系企業に入ることは並大抵の努力ではなかっただろう。単に苦労された方が優しくなれるなら、前職の上司はみな菩薩にならねばおかしいくらいだ。

だが、私の前職はとにかく平社員の欝が多かった。特に苛烈なことで知られた私の部門では、平社員の5人に1人が毎年欝で職場を去った。上司が2時間泣きながら壁を殴り怒る、フォークで部下を刺すなど、ジョークとしか思えない事例も聞いた。そして問題になる上司はたいてい誰よりも優秀で、誰よりもハードワーカーで、真面目だった。

ブラックな上司の噂が流れるたびに「プレーヤーとしてはあんなに優秀なのに」と不思議な思いを隠せなかった。一番真面目な上司が、責任感のあまり度を越した指導を行い、部下を追い詰めやすかったのだ。


当事者の上司に話を聞くと「こんなに頑張ってるのにどうして理解されないのか」と本人も部下の指導に苦しんでいた。と同時に、「自分が平社員だった頃の上司が最悪だったから、必死で頑張った。あの上司に比べれば(自分は今の部下へ)優しくしている」と述べていた。しかし、周囲から話を聞くと「あの人は(当時の)上司にそっくりだ」と証言が出てくる。

なぜ、本人は必死で頑張って乗り越え、かつ憎んでいた上司の指導方法を部下へ伝達してしまうのか。その背景には自分の苦労は他人にも乗り越えられるハードルだと思い込んでしまうことがありそうだ。

苛烈な環境を生き延びることで、本人は成長する。しかしその経験を「誰でも乗り越えられるはず」の成功体験にしてしまうと「××のような苦しいことも私は平気だった。だから他人に△△までしても大丈夫だろう」という心理が働く。

上司の事例を聞くと、確かに部下へは手加減をしているのだが、部下への手加減はあくまで上司の人生比であり部下の人生でどこまでの苦労があったかは比較されていない。また、仮に部下が苦労の末育った人だとしても「今までに5年虐待された経験があるから、1年体罰を加えてもこの子は平気だろう」というのも変であろう。人は過去の苦労を癒し、乗り越えていればより頑張れるかもしれないが、単にトラウマとして残っているだけならばストレスが蓄積するだけだ。


そうして『手加減』された新しい部下は次々に職場を去り、上司は頭を抱えるはめになる。生き残った部下がいると『ぴんぴんしているやつもいるのに、あの部下はやっぱり無能な社員だった』という社内評価も強化され、上司は方針転換するチャンスを失ってしまう。

決して前職が悪いわけではなく、類似の事例はそこかしこで見ている。「なぜ去年の社員はあんなにできたのに、今年のあいつはできないんだ」「なぜ他の生徒はシゴキについてこれたのにコイツはダメなんだ」という考え方をしているなら「当人の人生比でしかストレスは耐えられない」ということを(残念なぐらいヤワな人材相手だとしても)思い返さねばならない。小さなストレスから乗り越えなければ、人は成長できないのだから。


スポンサーサイト
【2014/12/10 18:35】 | ライフハック | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<アナルセックスのリスクを考えよう:腎盂腎炎の話 | ホーム | 経歴詐称してハイスペと合コンしたら地雷を踏んだ>>
コメント
全く同感です。だから、モラハラは他のの部署の人に理解されにくいんですよね!「あんな真面目で優秀な人が?」とけげんな顔をされてしまうw

【2014/12/12 17:27】 URL | ライム #-[ 編集] | page top↑
アホが多いから
しゃーないですよ

不幸にして
自分が基準になっている場合
その基準が世間一般から
逸脱しているのか 自ら
モニターし修正できないと
あかんのに

あー、そうか
アホやからできへんのか
【2014/12/16 20:24】 URL | くろ #d4X6GCCs[ 編集] | page top↑
同感です
ネットサーフィンしててブログにたどり着きました。面白い記事がたくさんありますね。
こちらの記事も大変興味深いです。私も同様のことを感じます。
何度か転職しましたが(いずれも日系企業です)、どこの職場でもあることでした。自分はそうならないようにしたいものです!
【2015/04/12 16:33】 URL | M #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/52-c4725cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。