スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バイセクシュアルの小さな夢。

バイセクシュアルと自覚したのは15歳のころで、それまでは自分がレズビアンだと思っていた。初恋の相手は同級生の女の子で、彼女のために生きようと思い、彼女を養いたくて進路を決めてきた。もちろん彼女は私の恋愛感情を友情だと思っていたし、告白するつもりもなかった。

15歳の頃、男の子に告白されて”まぁ、いいや”とノリで付き合い始めたとき、私は彼女を裏切ったと思った。実際には、彼女は私のことを祝福してくれた。そして私は彼氏がいるくせに、傷ついた。「この子は本当に私を友達としてしか思ってなかった」ということを知らされて。今思えば身勝手な話。

バイセクシュアルの肩身は狭い。LGBT(性的マイノリティの略語。頭文字はレズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダーを表す)の中でも、最も排斥されやすい。女性しか愛さない、男性しか愛さないという性が圧倒的に多い中で「両性愛者」は異性の相手を選ぶことで世間体を守ることもできる”いいとこどり”の気配がある。私自身、圧倒的にゲイ・ビアンの人に比べて世間と戦ってきたものが少ないと思う。

しかし、だからこそ私はノンケの女性を愛しても仲良くしたり、ましてや告白して付き合ったりということを諦めてきた。たとえ相手がビアンで、私に興味を持ってくれてもそれは「ビアンの人が持っている数少ないパイを奪う」ように思われた。今書いていても傲慢な話だと思いつつ。

例えば今私が恋している人は男性だ。相手に魅力を感じていることは間違いないが、「同性を選ばないようにする力」が皆無だったと言える自信はない。私はレズビアンのパートナーを持つことでビアンの世界から女性を奪ってはいけないし、「バイセクシュアルだから男性を選ぶことが一番世間と摩擦がない」と思った。その結果バイセクシュアルが最も嫌われるところの「いいとこどり」に落ち着こうとしている。

結局男性とパートナーになりたがるのはなぜ、という質問に「いや、女性で私を選んでくれるような相手がいなくてさ」とヘラヘラやり過ごしてきた。しかし本当はそういう人が私に近寄ると、走って逃げていた。私を選んで彼女に得があるはずもない、と思っていた。

そうして気づけば、当初の初恋の相手も、私から離れていた。私がバイだとどこからか伝わったのかもしれないし、私の性的な目線に気づいたのかもしれなかった。(恋してない相手からの性的な目線って気持ち悪いものだしね)それでますます女性との恋愛が怖くなった。

そのあと、男性のパートナーがいるときでも、女性を家に上げるのが怖くなっていった。恋愛対象でないのに彼女がそう思ったらどう思うだろう?パートナーが浮気だと思ったらどうしよう?パートナーが女性を家に上げてもなんとも思わないのに、同じ恋愛対象の男性を家に上げると男性で怒るのはなぜだろう?そうしてなんだか私は誰かと二人きりが怖くなり、家は一時誰も入らない空間になった。

今のささやかな夢は、バイの人たちと何も気にせずささやかにお茶をすることだ。
ビアン・ゲイの方から向けられる「どうせあなたはマジョリティの側でしょ」という目線も、「まさかあなたが私を性的に見てるかもしれないなんて」という怯えにも疲れてしまった。そんなに誰も愛せるはずないよ、だって心が狭いもの。と思いながら、いつかいつかのお茶の間を夢見ている。

スポンサーサイト
【2014/12/07 01:34】 | 恋愛こじらせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<【サンプル付き告知】『ビッチ大全』12/30(火)冬コミ東W40aブースにて発売決定! | ホーム | 外資でメンタルを潰さずに圧倒的成長をする習慣「自己啓発本を書くマネ」>>
コメント
高校生のとき初めて本気で好きになった人が女性で、読んでて
ひぃーーーーっ同じだよぉぉぉ
ってなりました。
今の人生があるのは彼女のおかげだと今でも思ってます。
ちなみに大学に入ってふつーに彼氏ができたのですが、その彼氏の親が毒親なので変に親近感を感じてしまいました。
今日たまたま知ったブログですが、今後も拝見させていただきます!
頑張ってください!
【2014/12/10 23:31】 URL | haruka #-[ 編集] | page top↑
好きになった人が好きなだけなのに
はじめまして。
バイの立場をあまりに客観的かつ的確に書いておられたので、思わずコメントしたくなりました。

地方在住アラサーで、同じく高学歴(京大)バイセクシャルの女性です。
社内では動きにくいのでネットなどで女の子との出会いを求めてみるも、そもそも大卒や正社員の子が少なく、東京の彼氏と年数回しか会えない寂しい遠距離恋愛中です。

男でも女でもいいんだからよりどりみどりだね、
とか、
女でもいいならそっちいけば(逆もまたしかり)
とか、何度ネットで言われたことか。

そうじゃない、誰かを好きになれること自体本当に奇跡だし、それは対女性でも一緒。
選択肢が二倍になる訳じゃないのに、なかなか分かってもらえませんよね。
好きになったその人が好きなだけなのに。

とは言いつつ、結局は好きになってくれる男性の存在に甘えてしまう、バイ特有の狡さと言われても仕方ない行動を取ってしまうのですが。


いつかどこかで、紅茶と甘いお菓子とともに、特別なこととしてじゃなく、呼吸をするように、好きな人のお話ができれば嬉しいですね。
【2014/12/12 13:16】 URL | 麻央 #GJH/AVE6[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/48-bd24959e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。