スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
30代になっても「MORE」を読む女子が一番結婚できない理由
人が雑誌を講読するとき
それは単に好きな雑誌を表すというよりも
その雑誌が体現するライフスタイルを
好んでいることが多いようです。

かつて女性向け雑誌を徹底的に調べたときに判ったのは
女性は雑誌を単に「お買い物の資料」として読まず
理想とするライフスタイルの反映として読んでいる、という事実でした。

つまり「VERY」を読んでいる人は
ママでありながら女子力も高いVERY妻に"憧れている"


VERY (ヴェリィ) 2014年 10月号 [雑誌]VERY (ヴェリィ) 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/09/05)
不明

商品詳細を見る


「Oggi」を読んでいる人は
自立したバリキャリの女性に"なりたい"ということ。


Oggi (オッジ) 2014年 10月号 [雑誌]Oggi (オッジ) 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/08/28)
不明

商品詳細を見る


実際の読者層を見てみると、雑誌のままということは無く
"ちょっと下"な価格帯で服を買っていたりと
「雑誌のライフスタイルに憧れるワナビー」が
1ランク意識が高い雑誌を購買することが判明しています。

それがなぜ「結婚できない」と「MORE」に結びつくか説明する前に
「MORE」について簡単に紹介させていただきます。

「MORE」は40万部以上の部数を誇る女性誌の王者。
女性誌は売れて10万部と言われる昨今の厳しい雑誌業界で
今も20代女性を中心に、圧倒的な支持を誇っています。


MORE (モア) 2014年 10月号 [雑誌]MORE (モア) 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/08/28)
不明

商品詳細を見る


人気の秘密は現実味のある衣類ブランドの価格設定や
充実した投稿欄による読み物としての面白さなど
挙げていけばきりがないのですが、
その最大の特徴は「ライフスタイルを決めていない」こと。

日本に居る20代女性は、
人生にいくつかのパターンがあることを知ります。

(1)仕事に生きる。結婚はしない。
(2)結婚もするが非キャリアとして仕事を続ける。
(3)専業主婦を目指し、ハイスペック男子に養われる。

選択肢の是非はさておき
大体はこれらの"路線"を選ばなくてはいけないという
現実が社会人経験を機に見えてきます。

こういった決断を20代の初期から決めている女性もおり
そういった女性はエッジのきいた雑誌を読んでいます。
たとえば専業主婦志向の女性は
モテに注力した記事の多いCanCamに多いでしょう。


CanCam (キャンキャン) 2014年 10月号 [雑誌]CanCam (キャンキャン) 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/08/23)
小学館

商品詳細を見る


キャリア女性は20代前半から、休暇に行きたい
海外旅行先を紹介するOggiに手を伸ばします。

そんな中で「MORE」は"私はまだ選択肢を選びたくない"という
読者の気持ちを代弁している雑誌です。
そのせいか、MOREの特集は実に多岐にわたります。

2014年10月号では『女子の人生「卵子」が大事!』と
出産の"可能性"も保持しつつ
同3月号では『30歳までに「500万円以上貯まるお財布」』と
一生独身も覚悟する女性向けな堅実特集を組んでいるのに
同2月号では『Over25歳からの「合コンコーデ」』。
ふわふわと決めかねる女性の需要へ
オールラウンドで応えていきます。

男女問わず、20代は悩む時期です。
企業へ入社して、実は女性の昇進が厳しいことを
思い知らされてキャリア組から抜けたり
専業主婦志向だったのにフリーランスの仕事に熱中したりと
人生の線路を切り替えるチャンスのある時期でもあります。

しかし、30代になってから
「私はまだ人生を決めたくない。結婚もいいし仕事も楽しいし」
と、ふわふわした生活をおくっている人は
結婚意欲の高いCanCam読者層に男が刈り取られた
30代の厳しい恋愛市場に殴りこむ意気込みはありませんし
キャリア一筋で週末もパソコンを開くような女性と
出世競争でのし上がる覚悟もありません。

「MORE」の雑誌の世界観では、選べる立場の女性ですが
「MOREワナビー」が読んでいる現実では
ジョブチェンジも恋愛結婚も、リセットが難しくなります。

「婚活女子」はどこにいるかの記事で結婚できない女性の特徴として
-「モテ系女子」ほどあかぬけてもいないし「文化系女子」ほど濃くはない
- 物凄く受け身というか、意欲に欠ける人が多い
-「お前ら(婚活の場へ)何しにきとんねん!と思わず叫びたくなる」

といった特徴が挙げられています。

いざ婚活の場へ行っても決断しない、受身でいる
それでいて結婚願望がないわけでもない・・・・・・という女性は
まさに30代「MORE」読者にありがちなポジションです。

繰り返しますが、「MORE」は女性誌の覇者ともいえる
40万部を誇る大手ファッション誌です。
恋愛・結婚への強い憧れを持つ女性や
キャリア志向の女性が積極的に得るべき物を得る中で
このような"普通でいたい"大多数の女性が一番割を食い
結婚もキャリアも逃しがちになる・・・・・・というのは
かなり深刻な事態ではないでしょうか。

なお、男性にも"まだ決めたくない"人は数多くいますが
彼らが「どうやら人生を定めないと、ヤバい」と気づくのは
女性よりさらに遅れて38歳くらいだったりします。
この話は、また別の機会にでも。

スポンサーサイト
【2014/09/19 12:56】 | 恋愛こじらせ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<もし家族が新興宗教に入ったことがわかったら | ホーム | 1年間精神療法を受けて、母親を愛せるようになるまで>>
コメント
大昔はmoreも専業主婦志向っぽかったですけどね。時代の流れでノンノ、アンアンのような感じになってますね~。
【2014/09/30 17:59】 URL | ライム #-[ 編集] | page top↑
決めつけすぎじゃ?
私は30代のバリキャリですが女性誌は一切読まないです
逆に読むのはジャンプ、ヤンジャン、マガジン等
バリキャリはこれを読む!とか決めつけないで欲しいですね
【2014/11/18 08:25】 URL | ゆあ #-[ 編集] | page top↑
ゆあさん
横から失礼します
私もファッション誌は読まないですが、「雑誌と読者がつながる」というは確かに分かる気がします。
そもそも出版社も読者層をマーケティングしてるでしょうし、「決めつけ」とまではいかなくともある程度の傾向は存在すると思います。

ブログ主さんは分かりやすい例えとしてファッション誌を挙げただけだと思いますよ。ファッション誌に限らず週刊誌や文化雑誌でも「読者の傾向」はあると思います。
ゆあさんは30代バリキャリということで普段から男性社会で戦ってるだけに、少年誌や青年誌を好んでいるのかな?なんて思ったりもしました(^^)カッコイイです。お仕事頑張って下さいね

【2014/11/19 17:38】 URL | まま #-[ 編集] | page top↑
>女性は雑誌を単に「お買い物の資料」として読まず理想とするライフスタイルの反映として読んでいる、という事実でした。

なぜこの一文を"バリキャリはこれを読む"と読めるのか。レッテル貼りしてる訳でもないのにね。
単にファッション誌に理想を見てるってだけ。
イラつきの原因知りたくなるね
【2014/11/23 21:05】 URL | unknown #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/28-865c1293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。