スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「国語の成績だけがいい」人が英語の偏差値を倍にするまで
国語の成績だけがいいやつは
読書が好きだからなんとなく解けるだけで
努力を怠っているクズである、という話があります。

国語の成績だけはやたらと良かった奴wwwwwwwww

勉強してないのに国語だけ点数いい奴wwwwwwwwwwwwwww

こんな感じで、2chで定期的にあがってくるネタです。

かくいう私も国語だけが得意な典型的な高校生でした。
高校1年の時の模試で出てきた偏差値は
国語(現国・漢文・古文含む)  70
数学                 25
英語                 55
とわかりやすく「文系のなりそこない」な成績をしておりました。
教師と進路相談をしたときに、偏差値60の
地方私立を目指すと言ったら、漫画のようにお茶を吹かれました。

文系にとって英語は高い壁であると同時に
「英語さえできればあとはどうにかなる」という
わかりやすい敵でもあります。
そこで「国語しかできないクズが英語の成績を上げる」という
個人的な勉強法について、過去の経験をもとに書いていきます。

1.洋書を買う

もともと国語ができる人は読書の習慣があるものです。
ですから、国語と同じ方法で英語を身につけるのが最も単純。
もちろん洋書は受験英語に特化してくれてはいませんから
受験難易度以上の単語もバシバシでてきます。

しかし、ネイティブは頻出単語なんてきにしていないわけですから
センターのことを1度忘れるくらいの気持ちで、まずは1冊読む。
これだけで、参考書数冊以上の成果が上がります。

私が1冊目に選んだのは ”It(それ)と呼ばれた子” (A Child Called "It")

A Child Called 'It'A Child Called 'It'
(2009/08/01)
David J. Pelzer

商品詳細を見る


母親に名前さえ呼んでもらえない。「That Boy(あの子)」から、ついには「It(それ)」と呼ばれる―。「なぜぼくだけが?」米カリフォルニア州史上ワースト3の児童虐待を体験した著者が、赤裸々に語った壮絶な日々の記録。(Amazon.co.jpより引用)

虐待がテーマになるだけに「殴る」「刺す」といった
おどろおどろしい語彙が身に付きますが
主人公が5歳の児童なので、比較的難易度が低いのと
あまりの衝撃的なストーリーに、途中でギブアップできません。

英検3級当時だった当初、1ページに40分ほど費やしていましたが
読み終わる頃には1ページ10分ほどで飛ばせるようになりました。
また、TOIECを前後で受験したところ、Readingでスコアが200点アップ。


本来国語が得意な人間ならお得意の
「判らない単語は飛ばし、文脈で判断する」という
大事なスキルを英語でも実践できるようになっています。

2冊目に選んだのは、留学先で教科書として使った
Girl With a Pearl Earring (真珠の首飾りの少女)。


Girl With a Pearl EarringGirl With a Pearl Earring
(2006/07/03)
Tracy Chevalier

商品詳細を見る


有名な画家、フェルメールの最高傑作
「真珠の首飾りの少女」が生まれる秘話を描いたフィクションです。
こちらはほのかな恋心を扱う
別冊マーガレットを読んでいるかと錯覚するような作品なので
男性にはあまり面白みがないかもしれません。

こちらの方がダントツで難易度が高く、
読み終わる頃にはTOEIC700点 - 800点レベルを狙えます。
何より心情を読み取るのは、高度なスキルですね。
国語のテストだったら文中に答えがあるのになぁ・・・・・・。

なお、私の知り合いには小説が苦手だが歴史大好き、というタイプがいて
なんと大英博物館のガイドブックを購入し、隅から隅まで読破することで
全く参考書を使わずに一橋へ合格されました。
さすがに英文法の参考書は1冊、補助教材として持つことを
個人的にはおすすめしたいところですが
好きこそものの上手なれ、とはこのことですね。


2.イギリス・アメリカの中学生向け歴史教科書を買う

当たり前の話ですが、イギリスにもアメリカにも受験はあります。
受験のために作られた教科書もあります。
特に中学生向けの教科書は、わかりやすく教えるため
簡単な語彙を使用する、という特徴があります。

その結果、なんとういうことでしょう
イギリス・アメリカの歴史教科書を読むだけで
世界史と英語のセンター試験を一気にカバーできるのです!

(もちろん範囲は違うので、100%歴史はカバーできないけど)

私は個人的に近代史が好きなので
イギリスの中卒資格であるGCSEの教科書をお勧めしておきます。


GCSE Modern World History (History in Focus)GCSE Modern World History (History in Focus)
(2001/05/30)
Ben Walsh

商品詳細を見る


日本の教科書と違って、暗記打法で攻めてくるのではなく
「こんな議論もあるが、一方ではこのような諸説が・・・」といった
歴史学の諸説をさらっと紹介してくれるところが魅力です。
普段の読書が「坂の上の雲」だったりされる方には、こちらがお勧め。

なお、そういうのではなくXVIDEOS的な何かをお求めの方には
イギリスの「性倫理学」の教科書がお勧め。


Sex and Relationships (Access to Philosophy)Sex and Relationships (Access to Philosophy)
(2001/01/30)
Michael Wilcockosn

商品詳細を見る


なぜ同性愛はキリスト教で禁じられるのか?
なぜ婚前に同棲するのを悪いと思う人がいるのか?
こういった疑問を、哲学者の考えをとても簡単な英単語で説明しながら
解説していく教科書です。
今までに紹介した本で一番薄いのもお勧めポイント。

なお、この性倫理学の教科書に書いてあることはやたら
京大の過去問テーマと被ります

さすが京大。ちょっといやだぞ京大。

この本を教えた私の生徒は英語の偏差値が倍になりましたが
とてもじゃありませんが親御さんに
理由を説明できませんでした。

以上、読書家であることを前提に
英語をめきめき伸ばす方法について書きました。
ただし、センターのリスニングについては一切触れておりませんので
それはまたの機会にでも。
スポンサーサイト
【2014/09/03 00:26】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<1年間精神療法を受けて、母親を愛せるようになるまで | ホーム | 「結婚式したくない派」から「結婚式したい派」に転向しました>>
コメント
No title
私も貴方とほとんど同じようなスコアで学生時代を過ごしましたが、元々読書が大嫌いでした。
そういう人間にも語学的素地を活かした英語の勉強法があればいいのですが‥
中々おいしい話というものはないですよね。
【2014/10/13 17:03】 URL |   #aEmTB4nk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toianna.blog.fc2.com/tb.php/26-4897ccfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。