スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
結婚前の女が一番浮気しやすい:婚約破棄をするカップルたち

アラサーともなれば、Facebookで「婚約しました!」のステータスと幸せそうな2人の写真を多く見ます。しかし、実感値で1/3の婚約は、婚約破棄で終わっています。そのうち8割は浮気が原因。婚約から結婚の時期といえば幸せの絶頂期のはずなのに、なぜここで浮気するんだ?という疑問を掘り下げてみます。

浮気ポイント1 初めての共同作業で失望する

ウエディングケーキを二人でカットすることを「初めての共同作業」とよく言いますが嘘もいいところ。二人の共同作業は結婚式場を予約するところから始まります。実に半数は、結婚式の6ヶ月前から式場探しをしています。結婚式場をいくつかに選定し、1回3時間かけて見学し、最終候補地へ絞る。平均式場見学数は3箇所なので、これだけでも3回週末を使います。

さらにそこへ実家の両親が口を出してくると「金を出さないのに口は出す」という、さながら終わってる経営企画会議のようになってきます。口を出した全員の承認を得て企画を通すなんて、仕事でも不可能なことをせねばなりません。しかも、そこで親を止められない相手へも幻滅が募ります。

それまでの関係では「お互いが好きなことをする」機会の方が多く、「好き」を積み重ねられる機会が多かったはずですが、結婚式の段取りとなった瞬間に「○○日までにXXせねばならない」という仕事に近い業務を求められます。

男性からすると、「彼女主導のプロジェクトに引きずられる」という意識になりがちです。そして女性は「こんなに大事なことを彼が手伝ってくれない」と思ってしまいます。そこで喧嘩を重ね、仕事の関係ならば「あいつ使えないからな」で済むはずの仲違いも「なんで分かってくれないんだ」と失望することになります。


浮気ポイント2 相手の友達は大抵いい人

結婚ともなると、相手の友人を紹介されることも少なくありません。そこで出会う人は「類は友を呼ぶ」わけで彼・彼女に似た人が多い=好みのタイプが多くなります。

とはいえ平常時であればまさか婚約者の友人になぞ手を出さないと思いますが、先ほどの別れるポイント1だった「初めての共同作業でうまくいかない」ことが溜まっていきます。ストレスがパートナーに溜まったところで、友人が仲介をしようとしたところ、うっかり一晩過ごしてしまった。なんてケース、ちょくちょくありました。

そこで一夜を過ごしてしまった二人も、当然お互い覚悟が決まっていない。パートナーにも罪悪感が出てきます。そこで「すみません、浮気しました」と自白する率も上がります。自白する率が上がれば、許せないパートナーもおり、結果として別れるカップルが増えてしまうのです。

少しまれな事例ですと、女性が長い間不倫しており、同時進行で彼氏をキープしていたケースもあります。彼氏とは結婚したいけど、不倫もギリギリまでやめられず・・・といった土壇場で同僚がリークしてバレています。ただ、不倫しながら別で彼氏と結婚する女性は大抵バレずに結婚することのほうが多いです。


浮気ポイント3 婚約から結婚を人生のピークにしている

婚約はたしかにドキドキする人生のイベントですが、人生の絶頂ではありません。あくまで結婚生活を続けるまでの通過点です。そこを見失って「婚約しました!」と喜びを伝えることにより結婚への期待値が上昇します。

引っ越したり、人によって会社を辞めたりと人生の転機とはなるものの、相手が変わるわけではありません。あくまで「彼氏としてデートに行っていた」が「夫としてデートに行っていた」になるだけです。別に「彼があなたを一生愛すると誓いしもべとして尽くす」わけでも「彼女が婚約者になったから毎日料理する」わけでもありません。

しかし、婚約で大騒ぎをすると、結婚へ向かうにつれ「こんなはずじゃなかったのに」と思いがち。婚約でハイテンションな時期は終わっていますから、マリッジブルーと戦うはめになります。そこに追い討ちをかけてくる結婚式の準備。毎週末を結婚式に費やし、すれ違いも見えやすくなります。そこで普段は優しい男友達に泣きながら相談したら・・・・・・なんていう浮気ENDが訪れやすくなります。

というわけで、私が常にお勧めしているのは「結婚まで黙っておく」ことと「結婚はできるだけ事後報告で」です。結婚式に呼びたい方は先にスケジュールを押さえたほうがいいですが、それ以外の理由で先にはしゃいでいいことはありません。自分の気持ちを上げすぎず、式の準備で忙しくなっても相手を思いやれますように。

スポンサーサイト
【2015/01/26 01:30】 | 恋愛こじらせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
日本人は英語を教わったことがないから英語を話せるわけがない

『日本人ってどうしてあんなに英語がヘタなの?』とよく訊かれる。その理由に「日本語は英語から最も離れた言語のひとつだから」とか「会話の授業が無いから」と言われるが、私は「日本人が英語を話せないのは当たり前だよ。だって彼らは英語なんて教わったことないもの」と答えるようにしている。

かつて、英語教師になった知人からなぜ英語教師を目指したか話を聞いたことがある。

私「なぜ英語の先生になろうと思ったの?」

教師A「英語が好きだから。中学校のころから英語が得意で、子どもも好きだったから向いてるかなって思って」

私「中学時代、英語のどういうところが好きだったの?」

教師A「努力すれば報われるところかな。国語や数学ってある程度センスが必要で、頑張ってもいきなり点数が上がることもないじゃない?でも、英語は頑張った分だけ成績が伸びるから本当に楽しかった」

私「英語でいつもは何か読んでる?」

教師A「いや、特に授業以外で英語は使わないよー。そりゃ英語で新聞読んでますって言えたらカッコいいけど」

この英語教師は英語が好きなのではなく『英語の試験方式』が好きなように思われた。日本の英語は暗記やパターンから解くものが多く、努力が偏差値に繋がりやすい。英語で何か情報を得たり、英語を駆使して友人を増やすよりも「英語という試験方式に則って教わり、教える」ことが喜びなのだ。

そもそも日本の一般的な英語教師は英語で新聞なんか読めない英新聞読解にはTOEIC 800点レベルが必要とされるが、現在高校教師でもTOEIC平均スコアは620点、中学校教師では560点といわれる。

TOEIC700点以下ができるのは「自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを読んで理解できる」 「ゆっくりと配慮して話してもらえば、目的地までの順路を理解できる」なので『ビジネスでも英語がおぼつかないレベル』だ。日本でコンビニ店員をしている中国人のバイトに日本語版TOEICを作ってやってもらったら800点以上をたたき出すだろう。つまり日本の英語教師は「現地でコンビニバイトすらできないレベル」なのである。


痛感したのは、塾で学生を教えていた頃。当時、公立校へ通っている子どもから宿題の相談を受けていた。「What did you do last night?(あなたは昨晩何をしていたの?)」という質問に自由作文で答える形式。自由作文だからと「I was hanging around my sister. She got upset because I disturbed her homework.(妹の周りをうろうろしてたら、宿題のジャマになったので妹が怒ってた)という話を返した。答案はバツになって帰ってきた。

バツの理由は(1)過去形(did)で質問されたのに過去進行形(was -ing)で答えたから (2)妹なのにsisterへ"younger"をつけなかったから。だそうだが、何より脱力したのは「disturb」に?マークがつけられていたことだ。おいおいdisturbを知らんのか、センター試験にだって出るレベルだぞ。まさか英語の先生へ「辞書を引け」と言うはめになるとは

同じ塾でも、中高一貫校の学生は教師の基礎力が違うこともショッキングだった。塾で「英語のおちこぼれ」な私立の学生を指導したとき、その「英語のおちこぼれ君」は公立校ならトップレベルなことが判った。その私立では「英語で英語を指導する」という指導をしていたのだ。教科書も問題文も全て英語で書かれていて、授業時間は留学しているのと同じである。

それを見たとき「英語を使えるようになるためには、英語ができる人に教わらねばならない」という当たり前すぎることを実感した。そして、一部のトップ私立校を除き日本では英語ができる人から「英語を教わった人なんていない」ので、英語を使えるわけがない。

しかし最近は現状を打破しようと、安価に英語を学べるセブ留学や、遠隔地のネイティブによるSkype英会話が普及し始めている。そう、外国への留学、インターナショナルスクール、有名私立校といったお金持ちだけの門は無くなったのだ。英語で現地の人間へクレームを言える人が、もしかしたら育成されていくのかもしれない。

希望は、少しだけ、ある。


テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

【2015/01/23 12:56】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
男がハイスペ女子と結婚したほうがいい理由を教えてあげよう
私の周囲にいるハイスペ男子の中に「絶対に結婚しない」と決め込んでいる人が多くいます。

彼らはその理由にこんなことを挙げます。

・1人の女性に金銭や時間を取られたくない
・仕事でリスクを取りたい
・子どもを好きではない
・離婚になったときに慰謝料・養育費なお金を取られるのが怖い

しかし、実はこれらの「よくある回答」は結婚制度自体のメリット・デメリットと全く関係がありません。

・1人の女性に金銭や時間を取られたくない
 ⇒自立した女性と週末婚すれば時間もお金も取られない

・仕事でリスクを取りたい
 ⇒養える所得がある女性と結婚すればむしろリスクヘッジになる

・子どもを好きではない
 ⇒結婚したからといって子どもを作る義務はない

・離婚になったときに慰謝料・養育費なお金を取られるのが怖い
 ⇒離婚率は3割前後でミドルリスク
  お金を取られると決まっているわけではない
  事実婚でも取られるときは取られる

といったように、反論することができてしまいます。つまり、世間一般の「結婚したくない」男性は結婚制度と関係のない理由で結婚する・しないを決めているようです。

結婚したくないハイスペ男子は結婚のメリット・デメリットをしっかり考えているのだろうか?という疑問。世間には冷静なメリット・デメリットを告げず、結婚に夢を抱かせる物語(例:仕事から疲れて帰っても子どもと妻に癒される)や、絶望に叩き込む修羅場(例:不倫されたあげく親権を奪われる)が散らばっているばかりです。

そこで、1度冷静に「結婚って必要か?」を考えるため、結婚のメリット・デメリットを一覧にしました。


1.結婚するメリット


【法律】

・子どもが産まれたら、姓を父方・母方から選べます。結婚していない場合は基本的に母方の姓になるため、父親の姓にしたければ家裁で申請をする必要があります。

・結婚していれば父親が子どもの親権を争うことができます。事実婚の場合は、母親の単独親権となる可能性が高く、父親の親権獲得が非常に難しくなります。

・別れたくないときに踏みとどまることができます。事実婚であれば「ある朝起きたら荷物を持って消えていた」時点で解消されてしまう関係も、結婚していれば踏みとどまるよう話し合うことができます。

・簡単に相続をすることができます。相手へ相続させたいときだけでなく、自分の実家に相続してほしくない相手がいる場合にも有効です。


【経済面】

・パートナーの年収が低い場合は「扶養家族(養う家族)」として税金が控除されます。(☆廃止が検討されています)

・どちらかが無職でも、結婚していれば相手の健康保険に入ることができます。

・同居した場合は家賃やインフラの費用を抑えることができます。会社から既婚者用に家賃補助が出るところもあります。

・携帯電話代やクレジットカードなど「家族割」があるサービスで特典を受けることができます。
 ☆調べたところ、英会話教室から脱毛サロンまで幅広い家族割を見つけました。


【その他】

・企業によって出世の条件に「既婚」が入っているケースがあります。

・親戚に無駄な心配をされずに済みます。


以上が、ざっと調べた結婚するメリットです。では次にデメリットへ行ってみましょう。


2.結婚するデメリット


【法律】

・子どもが自分の子どもではない疑いがある場合も、相手の浮気を証明できなければ親権を持つことになります。

・自分が浮気をした場合、慰謝料を「あなた」と「あなたの浮気相手」が支払うことになります。したがって、浮気相手とも破談になる可能性が高くなります。

・結婚相手に自分の財産を相続してほしくない場合、非常に面倒な手続きをとらなければなりません。

・別れたいときに離婚という手続きを取らねばなりません。よく言う「戸籍のバツ」だけでなく、戸籍の変更などの煩雑な手続きを、低テンションで行わねばなりません。

・一応夫婦には民法で同居の義務があります。(一方的な別居が離婚事由になるだけで、罰則はありません)


【経済面】

・結婚は「より貧乏な側」が得する制度が多いため、高所得な側には経済面でメリットがありません。

・専業主婦・主夫を養う場合、自由に使えるお金が減ります。

・結婚後に築いた財産は「共有の財産」となり、離婚する場合はその財産を平等に分けることとなります。したがって、ハイスペ男子は「自分の財産が取られる」可能性が増えます。


【その他】

・企業によっては「既婚者を優先的に転勤させる」ことがあります。”既婚者は転勤ごときでは会社を辞めづらい”というイメージがあるようです。

・毎年帰省して親御さんへ顔を合わせる、介護しなくてはならない人数が増える、義実家との関係など、人付き合いが増えます。

・離婚した場合、親権は母親に取られやすいという判例上の事実があります。


この中でも非婚派ハイスペ男子にとって一番怖いのは「共有財産」として自分の稼ぎを奪われることでしょう。死ぬ気で買ったマンション、クルマetc・・・は離婚のときにリセットされるかもしれないからです。しかし、ハイスペ男子が描く結婚のデメリットは一言で片付きます。

ハイスペ女子と結婚しなはれ。

自分とはるかに異なる年収の人間とくっつくから妻側のメリットが目立つわけです。同じ年収だったら離婚するときにどちらも損しません。自分の時間を持ち続けたい人も、経済力のある女性となら週末婚ができます。相手が経済的理由で1人暮らしできないのであれば、別居婚は不可能です。

自分の時間がほしいハイスペ男性も、夫婦がそれぞれご近所に住まいを買えば、子どもがいてもパパの家とママの家を行き来させることができます。育児負担も家政婦を雇って減らすことができます。

義実家も「顔合わせをしなくてはならない」というルールを破ったからといって死ぬわけではありません。私の知っている既婚男性に「妻側の親戚イベントは葬儀も出ない」とキッパリ割り切った人がいます。その代わり妻側も夫の両親の介護などは一切関わらないという徹底ぶり。

最初は文句を言った親戚も今は「それが普通」という気持ちになって何も言わないとか。もちろん、そこにはお互いのパートナーを親戚から守る愛があったに違いありません。

離婚で親権を争った場合、母親に親権が取られやすいのは育児の実績が父親にないからです。週の半分育児すれば親権は平等に争えます。激務でそれどころじゃない、と言ってもハイスペ女子と結婚するなら同じ立場。ベビーシッターを雇えばいいのです。


調べるうちに明らかとなったのは従来の結婚がいかに息苦しく設計されているかです。夫婦は同居が当たり前、育児は母親がするものだから親権が奪えないなど、世間の偏見から結婚のデメリットは生まれています。

世間の目を気にするなら、ハイスペ男子が結婚したくなくなるのも理解できます。しかし偏見から生まれたデメリットだけを見て「結婚したくない」と決める必要はありません。従来の結婚をしたくないで充分なのです。結婚はただの制度にすぎないのですから「結婚は一大事」などと捉えず「メリットがあったら結婚してもいい」くらいに考えてもいいのではないかと思います。

蛇足ですが、仮に月10万円の既婚者向け家賃補助を、夫婦で30歳に結婚して65歳まで受け取るならもらえる総額は8,400万円になります。……私だったらこのメリットだけでも結婚しますが、あなたはいかがですか。

【2015/01/22 12:31】 | 恋愛こじらせ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
マーケター1年目の教科書:「何を」読むかより「どう」読むか

就職活動で初めてマーケティングへ興味を持った方、これからマーケティング部門へ配属される方にとって「マーケティング」とはふわっとして判りづらい職業ではないかと思います。

私も就職・転職活動をしたころ「マーケティング」を募集している会社へ応募しようと思っても、会社によって全然違う要件が書いてあり驚いていました。しかし、マーケティングの仕事が持つ共通点は「誰をターゲットとして売るか定め」「何を伝えるか定め」「伝え方を定める」という3点かと思います。

このうち「誰をターゲットとして売るか定め」ることは、社内のビジネス状況やトレンドから決まっていくロジカルな仕事です。「日本では子どもが減りお年寄りが増えるから新生児向けオムツより介護用オムツに注力しよう」とか「結婚したい人の動機は”結婚できないと社会不適合とされる”という切迫感だと仮説を立てて調査しよう」といったものが例に挙がります。

しかし「何を伝えるか定め」「伝え方を定める」部分には創造性やセンスが要求されます。と言うと『やっぱりマーケティングってクリエイティブな仕事なんですね!』とキラキラされる学生がいらしたりしますが、めちゃくちゃクリエイティブで優秀な人は芸術系やコピーライティングの世界へ行くため、マーケターにもほとんどいません。

では、マーケターの創造性とはなんでしょうか。私は「既存のアイディアをぶっ壊す力」だと思っています。

例えば、あなたが のど用消炎スプレーのマーケターだとします。のど用消炎スプレーは通常ドラッグストアにあります。どこか他で売れないだろうか。例えば喉が乾燥しやすい場所である映画館、コンサートホールはどうか。映画館やコンサートホールで咳をすると煙たがられる。煙たがられるのが怖い人は、咳防止にどうですかという売り方は?といって既存の考えを壊していきます。

したがって、優れたマーケターは「既存の考え方を壊し、新しい手法で売上げを伸ばす」ことができる人たちです。そして、その「考えの壊し方」は先人の例を学べば学ぶほど、自分も活用できるようになります。マーケターが読むべき本は既存の考えを壊した「事例研究」に尽きるといっても過言ではありません。

もちろんマーケティング理論も大事ではありますが、比率としては事例研究:理論=9:1くらいでいいと思っています。どうせ現場の仕事で理論は学ぶことになるので、金をわざわざ払って本を買うのであれば「現場で学べる以上の何か」でなくてはいけません。そこで今回は優れた過去の事例が見られる本をマーケター1年目を想定してお届けします。

アフィリエイト設定など一切してませんので、このリンクから買わずともどうぞお近くの書店かオンラインストアで。


売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則
(1994/01)
アル ライズ、ジャック トラウト 他

商品詳細を見る


マーケティングの理論を「経験から」積み上げた本です。全ての法則には過去の事例があり、そして汎用性が高いためまさに「教科書」。悩んだときはよくこの本を開いて基本に立ち返っていました。



こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられるこころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる
(2009/08/07)
魚谷 雅彦

商品詳細を見る


マーケティングの天才、魚谷雅彦さんの本です。コカ・コーラ社で働いていたときの事例を細かく記載されています。事例も「Qoo」「ジョージア」など親しい製品が多いため、誰でも理解できる内容となっています。こういう本は自慢話が多いのですが、きちんとマーケティング事例研究になっているのはこの本くらいなので非常におすすめ。

Cannes Lions 2014 - Youtube

いきなりURLですが、カンヌ国際広告祭2014年受賞作のYoutubeリストです。カンヌ国際映画祭は有名ですが「広告祭」があることは業界外の方へは知られていません。最新の事例が一番勉強になりますので、ぜひ視聴して「何が自分の心を動かしたのか」「それは他の事例へ応用できるか」といったことを考える機会になります。



この1冊ですべてわかる マーケティングの基本この1冊ですべてわかる マーケティングの基本
(2009/02/26)
安原 智樹

商品詳細を見る


理論の本です。マーケティング理論は分厚い本が多い中で、シンプルに理論をまとめた良書になっています。たまに読み返すと「そういえばこんな基礎戦略があったな」と思い起こせるので復習にも便利なハンドブック。



ドリルを売るには穴を売れドリルを売るには穴を売れ
(2006/12/23)
佐藤 義典

商品詳細を見る


マーケティングの実践を小説調に書いた実践書。「教科書だと面白くてもどうも記憶に残らないんだよね」と思う方は、上記の『この1冊ですべてわかる マーケティングの基本』よりこちらの方が楽しめるかと思います。個人経営、ベンチャーの方へは特に応用性が高いのではないでしょうか。


以上、私が読んで実際に役立ったマーケティングの参考書でした。大事なことですが、本を読むときは単に「マーケティングを学ぶ」という姿勢で読まないこと。必ず、下記のようなことをメモしながら読んでみてください。

1.この本が伝えたいことを一言で述べると何か
2.本の「ターゲット」は誰で「何を伝えたい」と思っているか
3.この本は伝えたいことを的確に読者へ伝えるためにどのような手法をとったか
3.本の中から応用できるマーケティング施策はあるか。
     例:防犯ブザーを売るとしたら、あなたはどう応用するか
     例2:潰れそうなスーパーマーケットをV字回復させねばならないなら、どう応用するか

マーケティングの本をマーケティング的に分析することも、大事な訓練のひとつです。本を読んでも、私たちは内容をほとんど忘れてしまいます。ですから大事なのは学びを血肉にできるような読み方です。ぜひ読みながら「自分の事例」で読み解いて、実践型のマーケターになってください。


テーマ:クリエイターのお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

【2015/01/19 12:54】 | マーケティング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
某カップ焼きそばを食べたら5cmのガラス片が入っていた

実家ではだれも料理をしない。というわけで、休日のお昼ごはんはカップめんと相場が決まっていた。家族がとくに愛してやまないのがカップ焼きそばで、ただしペヤングは味が苦手なので家にはなかった。

うららかな昼下がり、そんなわけで父はカップ焼きそばを作った。そして美味しくいただいたところ、最後にとんでもないものが残っていた。

5cmのガラス片である。

とっさに父が思ったのは「虫なら一緒に食べたのに」だ、そうだ。

早速苦情が作られた。ゴシック体16ptで老眼にもやさしく作られた手紙には「貴社のカップ焼きそばにガラス片が入っていました。調査いただきますようお願いします」とあった。差出人住所氏名しか記載していないシンプルさだ。

数週間後、先方から数枚の便箋で謝罪と「調査した結果、ガラス片が混入できる場所はありませんでした」という言葉を添えてきた。なお、カップ焼きそばが6つほど一緒に送られてきた。

父は激怒した。

必ず、かの邪智暴虐のカップ焼きそば会社を除かなければならぬと決意した。父にはクレーム担当の気持ちがわからぬ。父は、会社の部長である。閑職を貫き、競馬で遊んで暮して来た。けれども邪険に扱われることに対しては、人一倍に敏感であった。

父は建築や工場生産管理に詳しく、どのようにガラス片が混入可能かを推測する専門技術を有していた。この点がクレーム担当にとって非常に不利だった。数日後、父は調査不備を数点指摘し、分厚い再調査依頼書および視察願いを出した。

数日後、さらに6つのカップ焼きそばが丁重なお断りの文句と共に送付された。査察を断った理由は「製造過程は企業秘密であるため」だった。クレーム担当者が脳に汗かいてこの言い訳を思いついた様子が手に取るようにわかった。それを読んでいるだけでheartがhurtした。

父は再度激怒した。そういえば昨今は虫や歯が混入して騒ぎになっているではないか。これをネットに晒し、真実を明らかにするべきではないのか。しかし父は未だにYahoo! Japanでしか検索できぬほどネットに疎かった。

そういえば娘がいた。父は思い出した。娘は齢12歳にして「なりきりチャット」にどハマリし、夜な夜な太公望と楊ゼンのキャラ名でログインしてはBLセックスに勤しむようなデジタルネイティブであった。父は娘に連絡した。「さあ、ネットに晒しなさい、私はカップ焼きそば工場の査察がしてみたい」

娘は言った。「お前が悪い」

不良品の数を減らすことはできても、撲滅することはできない。仮にカップ焼きそばが1日に1万個生産されているのならば、0.01%の不良品率でも1日に1つの不良品が発生する。そしてそれを受け取る消費者は現在だれもが、それをネットに晒す機会を持っている。

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

【2015/01/15 19:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
外資系社員は弱者なのでいじめないでほしい

「外資系企業=日本国外に本社がある企業」というだけの言葉のはずが、いつの間にか「高給取り」「エリート」のイメージがくっつくようになった。外資就活ドットコムでも「意外!?年収2000万を稼ぐ外資系ビジネスマンの私生活」 なんて記事が特集されたり、CanCamで「外資より安定してる商社男子でしょ」なんてアオリが載ったりする程度には世のハイスペック男子と肩を並べられるようだ。

さすがに今となっては『1億円プレーヤーがごろごろ』なイメージはないかもしれないが、未だに「外資系なら1千万円くらいポンともらえるんでしょ」とか「女性でもバリバリ働けるんでしょ」という認識で話しかけられることが多い。

しかし、外資系企業は本来弱者のパラダイスの役割を果たしていると私は思っている。日系企業ではとてもじゃないが生き残れない人間が数多く、外資で羽根を伸ばしているのだ。だから1つずつ誤解を解いていこうと思う。


1.外資系は高給取りだという誤解

外資系投資銀行は高級取りか?おそらくYES。かつての1億円プレーヤーはほとんど消えたとはいえ、30歳くらいまでに年収3000万円以上には届くようだ。しかし、外資系企業には投資銀行以外にもメーカー、コンサルタント、商社、製薬とたくさんあり、それらの給与体系はぶっちゃけ「日系とあまり変わらない」ことも多い。

例えば有名な宝飾ブランド「カルティエ」を抱えるリシュモングループの大卒新卒は、ボーナス込みの年収を概算すると320万円。大手電機メーカーとほぼ同額だ。(例:パナソニック新卒採用)しかも日系企業は社宅や家賃補助がある。東京に住むなら家賃補助があるだけで100万円近く年収が変わってしまうので、正直外資メーカーだと東芝やパナソニックよりも年収が低くなりうる。

ではコンサルタントではどうだろうか。以前は初任給800万の世界と言われたBCGやマッキンゼーも初任給年収が550万円まで下がっているようだ。(Numzon)外資系企業では全世界の売上で給与水準が変わるために「3年上の先輩は新卒で800万もらったけど、俺は500万円だった」なんてこともある。


「新卒で550万円ももらえるなんて、コンサルは充分高給取りじゃないか!!」とか「東芝、パナソニックと比較して低いなんて!非正規の気持ちも考えろ!」と言いたくなる気持ちも判る。確かに20代の3人に1人以上が非正規雇用である現在、新卒で350万円もらえるだけでもありがたいかもしれない。

だが、外資系企業に入社できる人間は高学歴の中でも限られている人材のはずだ。外資系企業は日系企業より明確に学歴主義を打ち出している。募集要項に「世界各国のトップクラスの大学から優秀な人材を発掘する」と書いてあったり、もっと露骨な場合は東大・京大以外書類すら通らないこともある。

それでも1000人以上のトップ校出身者が1人の採用ポストをめぐり応募して採用されるのだから、くじ引きで採用しているわけでもない限りはそれなりに優秀とみなされたはずだ。

高学歴から選ばれたトップ層が30歳時点で年収1000万円もいかないなんて、夢がなさすぎる。30歳で年収1000万円をもらえる上に、もっと大人数で採用しているマスコミ、商社、日系投資銀行へ行けばよかったとなるだろう。おそらくどこも労働環境は厳しいだろうが「1日90分睡眠×1ヶ月(外資コンサル/28歳)」のように極端な話をベンチャー以外の日系では聞かない。

つまり、外資系企業は投資銀行に行かない限り「給与は日系以下なのに激務リストラ有り」というトンデモ企業が軒を連ねているのだ。(※もちろん激務・リストラのない外資系企業も探せばあるが、新卒で探しすのは至難)


2.外資系はエリートが行くものだという誤解

外資系企業へ行く人間は「トップ層」かというとそうでもない。そもそも能力とは上下で測るものではなく「適正」で測るもの。外資系の適正が高い人が外資へ行くだけのことである。

外資系企業で一般的に求められる適正とは「リーダーシップ」「論理性」「体力」であり日系の求める「協調性」「素直さ」などとは間逆に位置する。つまり、外資系の人間には日系への適正が少ない人も多い

採用時には日系では排除されがちな人材もやってくる。たとえば完全な男女平等で働きたい女性、レズビアン、ゲイなどの性的マイノリティ、日本語がやや苦手な外国人留学生。こういった日系企業で冷遇される人も「論理性があってリーダシップさえあれば」と外資系は一本釣りしてくれる。外資系は社会的弱者に残されたパラダイスなのだ。


3.外資系はリア充が行くものだという誤解

外資系企業に入るような人材を想像すると「さわやか系のイケメン、親は商社。趣味はフットサル。バイリンガルでアメリカに5年留学したのち東大法学部を卒業」みたいなとんでもないスペックを想像する人がいる。もちろんこういう人もいるが、外資系企業のような「エッジがきいた人間が多い職場」というのは生育環境もそれなりに変わった人が多い。

実例を少しいじって出すと「顔の偏差値は40くらい、親は中卒フリーター。一念発起して東大合格したが、奨学金返済のために外資など高給職種を志望」なんていう人生一発逆転を狙う経歴が多かったりする。高給職種を合理的に狙うならば外資系より日系商社や広告、マスコミのはずなのに、なぜ外資系なのか。

就活をすると実感するが日系のトップ業界は家柄や卒業した私立中高、美男美女であることが能力プラスアルファで言外に求められることも多い。人生逆転を狙う非リアの人間には、卒業中高や家柄を求めてこず、最終学歴と能力だけで判断してくれる外資系が最適なのである。だから外資系企業の社員にOB訪問すると「裕福な家庭に育ってなお意識の高いエリート」と「コンプレックスをバネにのし上がる金色夜叉タイプ」の両方を目にして面食らうかもしれない。


外資系企業の人とお茶すると「○○さん、今は日系の広告会社で働いてるんだよね。最高の転職だよね」なんて話題が出てきたりする。それは、外資系企業が「変わった適正を持つ」ある意味弱者の集団であり、真のリア充が集う企業へは適正の差から行けない外資社員のありようを示しているように思う。

近年は外資系企業にも「普通の優秀なエリート」が来るようになったと聞いているので、あと10年したらもしかすると外資系社員も弱者ではなくなる日がくるだろうか。そのとき一発逆転をねらう弱者は、どこへ行くべきだろうか。私はできる限り、外資系企業が弱者のパラダイスとして残ってほしいと願っている。

【2015/01/06 14:07】 | 外資 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
バリキャリ女性社員(29)のために合コンしたら宗教戦争になった

前職、といっても少し昔の話です。先輩女性社員(29)にバリキャリの美女がいました。基礎化粧品なんてメンソレータムでいいわ、という私とは対照的に Willselectionを着こなし、季節に合わせたネイルを輝かせるファッションリーダー。その可憐な姿をオフィスで見かけるのを楽しみにしていました。

参考画像:イメージはここからいただきました
ws20150105.jpg



その先輩が「アンナちゃん、私、彼氏が欲しい。」と思いつめた顔で相談に。部署が違うため知らなかったのですが、先輩は労働時間が長い部署に入れられて数年、彼氏はおろか社外の男性の知り合いストックなど尽きていたとのこと。友人の男女比が1:1だった私は軽い気持ちでOKしました。運よく安定ハイスペ男子が揃いそうとのこと。女性が先輩だけというのも変なので、複数:複数で合コン形式にしました。

そのとき、まさか合コンで戦争が起きるとは思ってもみませんでした。

無難に乾杯からの自己紹介で始めた私たち。

男子「俺はXX(商社)で6年目です。今はレアメタルの採掘を担当しています」

私「へー!今結構アツイ分野ですよね!メディアにも注目されてそう!」

男子「実はそうなんすよ。実は同僚が最近ニュース番組に出演しちゃって」

さあ、先輩ここがおだて力発揮しどころです!と振り向いた私のパスは完全に無駄になりました。

先輩(29)「ああ、私もあるよニュースで特集されたこと」

先輩、なぜ張り合った?

そこは男子に「さすがです!知らなかった!すごい!センスある仕事ですね!そうなんだ、もっと教えてください!」と”合コンさしすせそ”をなぞるだけでよかった!

男子A「へぇ、すごいっすね。でも最高なのは億単位の金額を秒で動かすことで、テレビとか出てもいまどきおばちゃんしか見てないし」

お前も張り合うな。

そこで取り残された私には2つしか選択肢がありませんでした。すなわち、①先輩(29)を持ち上げるか ②男性を持ち上げるか。合コンが目的なら先輩を見限って男性のフォローに回るところかもしれないが、私には当時彼氏がいました。よって先輩(29)持ち上げ一択。男性たちがプレゼン中の聴衆のように、カボチャと化した瞬間でした。

私「さすが先輩!まだうちの会社でも女性で活躍されてる方って少ないのに、すごいですよね!」

私「女性のロールモデルってまさにこういうタイプというか」

私「ファッションも気を抜かないあたりが、女性としてもできてるって思います」

援軍は全員私です。

都合を知らないほかの女の子を巻き込めないので、先輩(29)を教祖とする信者として私は徹することにしました。しかし、そこに他の男性が絡んできてしまいました。

男子B「俺、加藤先輩もすごいなっていつも後ろから応援してるんすよ~この年でもう係長だし!」

男子Bよ、お前もか。互いのポジション(異性より先輩のおだてが目当て)に気づいてしまった以上、遠慮も不要。ペンより剣を、男よりオフィスの平穏を!さながら合コンはどちらが覇権を握るか、宗教戦争のありさまに。

先輩(29)「やっぱりこの時代、女性も社会で活躍しながら結婚もできないと」

私「そうですよね!そうですよね!」

男子A「とはいえ女性はやっぱり母としての役割もあるからそこは俺たちが」

男子B「そうっすよね!そうっすよね!」


こんな不毛な会話を2時間もこじゃれた居酒屋でした挙句、なんと2次会発生。無難にカラオケに行くことになりました。男性が湘南乃風で「おいしいパスタ作ったお前」と女性らしさに惚れる歌を歌ったかと思えば、先輩(29)が歌うアヴリルの「Complicated」が響きました。響きましたけど、先輩彼氏欲しいんじゃなかったの!?

他の女子がaikoやプッチモニで和らげてくれて心から助かりました。こんな状況で合コンが続行できたのも、すべて他の温厚な男性陣、女性陣のおかげでした。よかった合コン形式で!1:1なら殴り合いだったかもしれなかった!

これが私の人生2回目の合コンとなりました。合コンに偏ったイメージができてしまったのは言うまでもありません。


○氏名と職業は個人情報のため改変しています

【2015/01/05 18:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライター始めました:恋愛とメイクのハウツーサイト『ハウコレ』

恋愛とメイクのハウツーサイト『ハウコレ』にてライターのお仕事をいただくことになりました。

早速2本公開されています。
束縛、浮気、男女差別!?モラハラ男子の見分け方・4つ
これから激モテ!?まだ発掘されてない優良男子4選

きっかけはこのブログで、先方がメールフォームよりコンタクトしてきてくださりました。私も若い女子には興味が・・・・・・いえ若い女子を対象としたマーケティングには興味がありお仕事頂戴することとなりました。これで女子大生にモテたりしないものでしょうか。

お声がけ頂いた際にハウコレを見た感想は「若い女性に受けるためには論理的でない方がいいらしい」ということで、頭を抱えています。こういう「いつもの武器」が通用しない場所で修行できるのはありがたいことです。頑張ります。

蛇足ですが、ハウコレの著者紹介ページには後姿ですが写真も掲載されています。写真が苦手で手持ちも無かったので、先日クリスマスディナー中に日本料理屋で撮影してもらいました。日本料理のお店背景の壁が1色だから顔写真をPhotoshopでいじりやすかったです。Photoshopで顔をいじる方法はこちらを参考にさせていただきました。

ごく一部の人に「porter_nycの中の人ではないか」「藤沢数希の中の人ではないか」などと言われていたわたくしの実存を証明できて何よりです。

ハウコレではターゲティングされた文章を書きますが、このブログは変わらず個人の日記であり、その日思いついたことをぐだぐだ書くつもりです。引き続きご愛顧のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

【2015/01/05 13:41】 | トイアンナよりご挨拶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結婚しました

2015年1月1日に結婚いたしました。

夫の話を一切してこなかったのは感情がほとばしりすぎて書けなかったことと、最近ブログのテーマが「結婚を強制する日本社会への抵抗」なくせに結婚を進めていた矛盾について説明しづらい、というのが理由でした。(参照:いい年して結婚しないと人格が歪むから総合職を辞めた)

ブーケトスは結婚したくない人への差別とか夫婦同居の義務は人権侵害とごちゃごちゃうるさい私が、極めてリベラルな夫婦観のもと結婚できたことをありがたく思います。

近しい友人へあらかじめ伝えていた結婚のご報告と同時に、「結婚相手の決め手となったのは彼のどんなところだったの?」という話があったのでノロケのパイ包みを兼ねて書いてみます。今まで書いてきた全てのブログの中で一番筆が進みません……。

1.「ありがとう」と「ごめんなさい」が言える

独身女性におくる「結婚向きのいい男」5つの特徴 にもありましたが、「ありがとう」「ごめんなさい」を言える男性は、おどろくほど少ないです。海外のようにSorryを言ったが最後、賠償請求でもされるというのでしょうか。いいえ、お金より高い彼らのプライドに「ごめんなさい」は重すぎるのです。

結婚まえに1度、関係が悪化したことがあります。彼が「どんな事実であれ、傷つけたことに対してごめん」と私への感情ベースで謝ってくれたことに感銘を受けました。それまで私は「自分の非を認めたら謝る」タイプだったのですが、以降は「相手が傷ついたなら、その傷つきに対して謝る」ように気をつけています。

また、彼の方が「ありがとう」を言える人です。「ありがとう」と言われると「ありがとう」をより言ってもらうために素敵な言葉をかけたくなるものだと教わりました。「今日はイケメンとデートできて幸せだったな」とか「いまいた会場で一番きれいだったよ」みたいな声がけと「ありがとう」はセットの言葉だからです。思っていても恥ずかしい言葉が、ありがとうの循環で言えるならとても素敵なことだと思います。


2.外見が好み

身も蓋もないです。が、外見が好みだとたとえ喧嘩しようにも力が抜けます。男性目線で言うなら、イラッとしても目の前にGカップの巨乳がチラつくようなものです。

外見というのは顔立ちだけでなく、爪の形、椅子を引く手の形、肌の質感、まつげの長さ、おへその形、筋肉のつきやすい箇所、といった細かいものを全て含みます。例えば私は乾燥肌で、末端冷え性の人が好みです。乾燥肌だと撫でるときワンコみたいにぐしゃぐしゃっと撫でられますし、末端冷え性だと冷えてることを言い訳にして温めるため手を繋げるからです。

こういう細かすぎる外見の好みが合致しないと、結婚まで至れません。体質なので変えることもできませんし、子供にまで影響するのでとても大事です。

また「外見で気にしない部分」の相性も重要だと思っています。例えば(夫はそうではありませんが)水虫は治療過程なら全然OKとか、白髪は苦労の勲章だと思う・・・・・・といった要素で相手がたとえ気にしていても、こっちが一切気にしないこともあります。そこが双方合致する相手に出会えるのは奇跡のような確率だと思っているので、出会えたが最後次はいないぞ!と思いました。


3.相手の「お金を使いたい場所」が理解できる

よく「金銭感覚の一致」が結婚には大切だと言いますが、それって具体的になんだろう、というのが未婚の頃に思っていたことでした。夫と出会って今感じているのは「お金を使いたい場所が同じ」というところです。

大きなところだと、私と彼のエンゲル係数は50%以上だと思います。食事とお酒に給与の半分くらいを使っている計算です。一般家庭では異常と思われても仕方のないことですが、お互いに食事が好きなので使うことに抵抗はありません。そのために他の支出(婚約指輪、旅行、衣類、美容)を削ることもなんとも思いません。

私は食事が大好きで月に1度くらいはそこそこのレストランへ行きますが、基礎化粧品は気が向いたときにメンソレータムを顔に塗っているだけです。ファンデーションは年に2つしか消費しません。このバランス感でいいよね、と思えるパートナーにめぐり合えたことを幸運に思っています。

小さなところだと、水道水を出しっぱなしにしてお皿を洗う派か、歯磨き粉は格安派かそれとも機能重視か・・・・・・こういったレベルまで合致すれば、小競り合いレベルの喧嘩が防がれると思います。はるか昔に「水道水を出しっぱなしにして皿洗いするとは、お前お湯が何円すると思ってんだ!」と怒鳴られた経験がある身としては、金銭感覚がミクロで一致していることが日々の幸せに直結すると思っています。

私のような偏った性格の人間が、彼と付き合えたこと、人生のカウンターパートになれたことを有り難く思います。これから小さな感謝と小さな負い目を積み重ねて、人生を一緒に刻んでいきたいです。

ひとまずご報告とノロケまで。

トイアンナ 2015年1月3日

【2015/01/03 12:54】 | トイアンナよりご挨拶 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。