スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「結婚式したくない派」から「結婚式したい派」に転向しました
結婚式したくない派でした。
355万円も平均費用でかかるパーティを開いて
自分のことを祝え、なんて自己顕示欲丸出しでバカみたいだし
何が悲しくて一番物入りな時期に金を使うのかと思っていました。

特に親族がバブル期をひきずった結婚式で
スモークから登場してみたり、
親族の上司が面白いと思い込んで
「雨ニモマケズ」の改変ver.「妻ニモマケズ」を読み上げているのを
目撃してしまってからは、特に結婚式=ムダ論者になりました。

しかし現在は完全に転向していまして
結婚式はぜひしたほうがいい、
それもなるべく友人を呼んだほうがいい派に変わりました。
ブライダル業務に携わったのがきっかけで、
次の3点を強く思うようになったからです。

1.一括でお祝いの儀式を終えた方が楽

ブライダル業務で気づかされたのは
結婚式は各コミュニティからのお祝いを一括で済ませる
リーズナブルなイベントである、ということ。

人間は勤務先、親族、友人たちといった
複数のコミュニティに属していることがほとんどです。
また、友人といっても小学校からの友人と、
社会人になってから合コンで意気投合した人の
お祝いを一気に済ませることはできません。

結婚式をしなかった場合「あいつお祝いしよーぜ」と
たくさんのコミュニティで祝われる飲み会をせねばならず
しかもそこにパートナーを呼ばねばならず
飲み会は1次会で終わらなければ軽く1万にはなる・・・というわけで
結局結婚式したほう体が楽だったんじゃ?という話を聞きます。

友人たちにとっても、結婚のお祝いをしてあげたくても
結婚式/披露宴に呼ばれているならそれでいいやと
特に凝ったおめでとうのプレゼントを考えなくても
ご祝儀という現ナマで済ませられるメリットがあります。


2.結婚式で友人の見せ物になることがプレゼント

よく「見せ物になるのが恥ずかしいから」という理由で
結婚式をしたがらない人がいますが
だからこそ結婚式をしたほうがいいのだと知りました。

普段はプライドが高く、めったに自分のヘマを見せない人間が
あんな壇上でパートナーのノロケをマイクで話している・・・・・・という
友人たちへの最高のエンターテインメントとして、
貢献できる日が来ているのです。

よく「幸せのおすそ分けしてもらっちゃった♡」と帰路につく
参加者の友人がいると思いますが、すなわちこれは
「あんな真面目一辺倒の友人が顔を真っ赤にしてパートナーの
ノロケをいいまくるなんて・・・コンテンツとして最高だった!」という
あなたが最高の宴会芸をした結果、
友人のパーティ満足度が高まったことを指しています。

結婚式は、自分たちのためにやるものではありません。
普段友人のためにお礼ができていないのではないか、と思う方は
ここぞというくらい結婚式で恥を晒して
友人の思い出に残るコンテンツとして身を捧げる機会です。


3.予算配分は意外と自由に編成できる

今はさまざまな結婚式が可能になっています。
たとえば、
・ 披露宴と2次会をごっちゃにした1.5次会形式で友人とだけ飲む
・ 飛行場でフライトを眺めながら結婚式を行う
・ 船上で結婚式
など、従来の「ホテルでつつがなく」をぶち壊す
新しい結婚式が生まれているのが現状です。

また、顧客ニーズが細分化してきたため
ホテルでも変わった演出を飲むところが増えています。
もし結婚式で特定の嫌な伝統
(ウエディングドレス、ウエディングケーキ、ブーケトス、etc)があるならば
それを排除した結婚式を行うことができるようになりました。
もちろん、コストカットも細かなイベントを排除することで可能です。

極端な話、ウエディングドレスもケーキもなし、
コースメニューを食べながら夫婦の馴れ初めビデオを流す・・・なんていう
カジュアルな結婚式も可能になっています。

「結婚式」だからあれもこれも・・・と思いを巡らせて
だから結婚式はしたくないんだ、と決めてしまう前に
いろいろなパターンを調べてみて、やりたくなったらやる
くらいの楽なスタンスで挑んだら面白いんじゃないかなぁと思います。

以上、ブライダル担当をしているだけの耳年増よりご報告でした。

スポンサーサイト
【2014/08/24 11:33】 | 恋愛こじらせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
LUMINEの広告に学ぶ「マーケティングってどんな仕事ですか」の答え

「マーケティングってどんな仕事ですか?」

カタカナの職業というのは響きが素敵な反面
何をしているかさっぱりわからない。

キュレーター、プレゼンター、コンサルタント、マーケターといった職を
「サーカスの役割分担の名称で、マーケターはブランコ乗りのことですよ」と
説明したら信じる人が出てきてしまいそうな危うさです。
(実際には学芸員、発表者、経営企画提案者、商品企画を指します)

某前職では
「どんな人に、どんなことを、どんな風に伝えるか考える人です」と
説明したりしていたのですが、このフレームワークは
ふわっとしてわかりにくいなぁ、と思っていました。
最近、すばらしい広告が百貨店のLUMINEから出てきたので
それを例にお答えできればと思っています。

マーケターがいない会社でよく起きるのは
「製品Aは売れた、製品Bはさっぱりだ。
この差はどこからきたのかわからん」という、
”ターゲットが誰かわからず”
”何が訴求できると売れるかわからず”
”どうやって訴求すればいいかわからない”ために
新製品発売がバクチになる
現象。
大企業であれ、中小であれ、新製品発売はリスクが大きいものですが
この大きな賭けを誰に売るかすら考えず出す会社は
驚くほど多いのが現状です。

マーケターは今の顧客を統計局ホームページや業界分析、
自社データを組み合わせて予想を立てます。
「たぶんこんな人が今の消費者なんだろうな」と考え
それが本当に正しいかをマクロミルとか自社の顧客リストで
アンケート調査、インタビュー調査で確認。
「誰が買っているのか」「これから誰が買うのか」を
社員の誰でも想像できるレベルに落としこむ作業をします。

LUMINEで勝手に考えると、
「20代女性、都会っぽいファッションが好き。
しかし多額の投資をファッションにしたいとまでは考えず
シーズンごとに服を買い替える流行に敏感なタイプ。
会社帰りのショッピングが多いので買い物は1人でする。
自分の服以外にも、友達の誕生日プレゼントも同じ場所で済ませたい。
彼氏は半年くらいいない。次に付き合う相手とは結婚したい。」
といったところでしょうか。

ライフスタイルや買い物の動機までしっかり考えると
誰でも想像できるターゲットが作れるので戦略を立てやすくなります。

ここから完全に自己流ですが、できるだけ微細な情報、それも
商品に関係ない情報まで並べ立てたほうが想像しやすいです。
「趣味はツムツムで、友達に勧められていまはアナ雪のをプレイ中」
「インポートの下着をたまに憧れてみているが値段に引いて買えない」
「ちょっとズボラでトイレットペーパーの芯を溜め込む」とか。

次にこのターゲット層がぐっとくるものをとことん調べて
「これがターゲットにとってぐっとくる表現だ!」と思う表現を探していきます。
マーケターがクリエイティブな仕事と勘違いされるのは主に
ここの「ぐっとくる表現」を探す部分にあったりします。

しかし、実際に必要な能力はクリエイティビティよりも分析能力で、
”このターゲットはカタカナ語が好きだが、英語にはそろそろ飽きてるな”とか
”自分は若くないと薄々気づいているが
 いざ広告でアンチエイジングを言われるとムカつくのか”といった
相手の喜びを冷静に要素分解する能力です。
そこから先の、クリエティブな広告はアーティストの仕事。

「運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。」で
有名になった百貨店LUMINEの広告も、
”直接的にものを言われるとぐっとくるけど、私はそこで傷つきたくない”
”洋服を購入するときのメンタリティは恋に似ている”といった
分析までがマーケターの仕事と推測します。

「洋服を購入する気持ちは恋に似ているので、刺さるように表現して」と
依頼されて生まれたのが、LUMINEの名文ではないでしょうか。

博報堂のコピーライター尾形真理子さんの力もさることながら
衣類を購入するときの女性特有のメンタリティ
=恋になんども落ちて服を買うのに、その情熱をすぐ忘れてまた買ってしまう
と結びつけたのは、依頼したLUMINEか博報堂に
すぐれたマーケターがいたからではないかと考えます。
もしくは尾形さんがマーケターとしても優れていたか。

コピーライターはぐっとくる表現を思いつく天才ですが
そこに「お題」もなく、とにかくLUMINEの客が喜ぶ何かを作ってよ、では
手も足も出ないのは、ほかの職業と同じです。
たとえば、「何でもいいから50坪の物件に家を建てろ」と言われても
あなたはどんな家に住みたいんですか?と
まともな建築士なら質問を返すことでしょう。

この質問に答えつつ、クリエイティブな名文の手助けになる
お題をセットできる人がマーケターではないかな、と思います。
根回し、説得、インタビューと、常に後ろを走り回る裏方ですが
たまにこうしていい広告に出会うと、同業として血潮が騒ぎますね。
さーて、仕事しよ。
【2014/08/18 11:15】 | マーケティング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった
イギリスに4年住んでいました。
渡英は高校1年のときでしたが、それまでに英語の教養を
微塵も積んでいなかった私としましては
「イギリス英語」と「アメリカ英語」の差なんて意識するどころではなく
She likes him. という文章を
She likes his.  と書くぐらいにはダメでした。

その後イギリスに4年いたお陰様で
たどたどしい英語を話せるようにはなったのですが
いかんせん英語の知識はほぼ100%イギリスで得たため
結局アメリカ英語/文化の差を感じることはありませんでした。

しかし、その後「英語なら外資っしょ!」というクソ甘い考えで
外資なら、と”どの国籍の外資系に行くか”を考慮しなかったため
思いっきりアメリカの会社に就職。
毎日が衝撃の連続でした。

表面的なことでは、英語から。

たとえば、イギリスでは 少数の「0.8」を
nought point eight と読みます。
カタカナにすると ノー・ポイント・エイト。
ゼロ=ノー、なんです。これが全く通じない。
zero point eight でないと通じず、直後に上司に呼ばれて
「その変な英語を”グローバル”に合わせろ」と言われました。
激務だろうが宴会芸だろうがのらりくらりと過ごした自分ですが
これはかなり大きなショックでした。
たかが小数点の読み方ですが、大きく文化的背景が絡んでいたからです。

イギリス英語学習者(あえてイギリス人とは言いませんが)にとって、
英語は単なる言語ではなく自国の誇りです。
なぜなら、自国の英語が世界で一番洗練されていると思っているから。笑
特にアメリカは自国から独立した国なので
未だにアメリカ英語を「二流の方言」として扱います。
(この思考がそもそも帝国主義的で、米英お互いにジョークにしています)

アメリカ英語を話す人間からすれば、英語はコミュニケーションツール。
多国籍の人間と常に話し合うためには、伝わることが一番大事です。
できるだけ表現をシンプルに、結論から。
実は日本でよく自己啓発本に見る書類の作成方法で
「結論から書け」「シンプルに論点をまとめて」というのは
極めてアメリカ的な小論文指導です。

イギリスでは逆に、遠まわしで、マニアックな単語を使って
1文をなるべく長く書いたほうが教養があると思われる。
なので、イギリス人にとってアメリカ人のシンプルな文章は
「こんちゃーす!俺、バカでーす!!!」という文章に見えてしまう。

先ほどの 0.8 = nought point eightの話はそこにもつながっています。
このnoughtという単語、小数点の表記くらいにしか使わない
極めてマニアックな英単語です。
この極めてマニアックな英単語をさらりと使って
プレゼンするという美しさがイギリスでは重宝されます。
アメリカでは逆です。
「なんで通じる言語を使わないの」となります。

だからこそ「通じるようにシンプルな言葉を」「結論から」というのは
衝撃的で、受け入れるのが難しい文化でした。
毎回、レポートをまずイギリスで教わったとおりに書いて
そのあとアメリカ流に修正して提出する日々。

その後、ヨーロッパ系の企業へ転職して、非常に楽なのは
”総論を読んで判断しよう”とか”英語は美しさも問われる”という部分で
何も考えなくてよくなったことでした。
長い文章で、きちんと全容を伝えること。
シンプルに、結論を出してスピーディな判断を促すこと。
どちらも欠点と長所があります。
でも、私は美しい英語を話すのが、とても好きです。

イギリス生まれですらないのに高慢ちきになってしまうところも含め
留学先の選定というのは、思ったより長期的な影響を持つものですね。

最後に、同じ内容でイギリスとアメリカでどう変わるか
適当な例文を作ってみましたので、ご覧ください。

日本語での論旨:
我々がターゲットにしている女性たちは、家事労働の際にしかCMを見ないのでCMに集中していない。CMへの費用対効果が低く見込まれるため、新しいCMの放映を3ヶ月留保し、業績への影響を見てから最終判断を下すことを提案したい。

イギリスの英語:
The research result was not hundred per cent positive, showing that most female targets tended to watch TV only when they were on housework. This means, there is no time for them to pay high attention to the TV with low return on investment. The proposal is to pend new TV advertisement for 3 months and see the business impact before the final judgement to cancel on airing.

アメリカ英語:
This proposes to pend new TV advertisement on air. There is one reason from the last survey. The survey showed our female targets only watched TV when they were on housework, with no time to pay attention to the TV. As low return on investment suggested, final advertisement GO/NO GO to be decided after seeing biz impact via 3 months pending.


【2014/08/09 23:54】 | 英語 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。