スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
集団的自衛権をわかりやすく噛み砕いてみる
集団的自衛権というのは、とっても簡単に言うと
「俺の友達を攻撃した奴は俺が許さねえ」という考え方です。

国家のほぼ100%は自分の軍隊を持っていて
自分の国が攻撃された時に自分を守れるようにしています。
つまり「俺を殴ったら殴り返すぞ」という考え方をしています。
国家には政府という「みんなの意見をまとめる場所」があって
「みんなの意見をまとめる場所」である政府は
外の悪いやつからみんなを守る方向にはたらくことが多いです。

でも、自分のことだけを考えていたらクラスでぼっちになってしまうので
国も友達を作ったりします。
友達になるからといって仲がいいとも限らず、
「カツオとナカジマは一生の友達という約束をしていたが、本当はカツオは野球嫌いで
いざ試合になったらトンズラして逃げた」
といったことや
「カツオとナカジマは仲が悪い振りをしていたが、実は共通の敵である
花島さんをやっつけるために裏で結託していた」
なんてこともあります。

昔はこういう裏で実は仲良し、ということがとても多くあったのですが
その裏同盟のせいで、カツオが花島さんに喧嘩を売った瞬間
カツオの裏のナカジマくんの友人の・・・ VS 花島さんの友人のXXさんとOOさんが・・・と
隠れ友人同士でクラスを真っ二つにした大喧嘩(第一次世界大戦)をやらかしたので
今では友人関係を書類に残しましょう、ということになっています。

そこで、
「俺を殴ってもいいけど、バックにはよぉ、ワルで有名なナカジマがいるんだぜ!」と
目に見える形で友情をアッピールして、未然に戦争を防ぐようになりました。
これが集団的自衛権です。

集団的自衛権を採用する国があったり、勧める人がいるのは
友達がいることで戦争を防ぐことができたり
「俺たち友達だよな!」と言い合うことでお金を貸してもらいやすい、とか
いいことがたくさんあるからです。

では、なぜ集団的自衛権に反対する国があるのでしょうか?

大体クラスにいじめがあると
「やめて!イジメは何があってもいけないことよ!」という子や
「クラスでイジメとかダサ・・・・・・。そんな暇あったら勉強しろよ」という子がいたと思います。
前者が日本で、後者はスイスのような国です。

日本は昔友達をたくさん作ったのに
友達が喧嘩になった瞬間にアフリカへ行ってパスタ茹でてたり
勝手に敵でもなかった別の相手をボコって自滅したりと
友達を信じた結果、裏切られた経験があります。
裏切られてからボコボコにされたので、もう嫌になってしまったのです。

スイスのような国は、周辺でイジメや喧嘩がありすぎて
そんなことするくらいなら銀行でもやっていたい、とクールに過ごしつつ
喧嘩に巻き込まれないために一人格闘技に励みました。
その結果、強いからうかつに喧嘩を売れない子になって
クラスの不良も「お、スイスか・・・通れよ」と認める子になりました。

日本のような子はあまりいないのですが
今までわりと国連先生がイジメ反対だったこともあって
優等生として平和に過ごしてきました。
でも、スイスのように”実は強い”キャラでも売ってないので
周囲から絡まれることもしばしばありました。
そこで、日本は思いました。
「そろそろ、どっかのグループに入ろうかなぁ」

この状況が、現在の日本になります。

今の考え方を見ると、どうやら集団的自衛権を容認して
本当にどっかの派閥に入るか
それとも、スイスさんのように格闘技の練習をする必要がありそうです。
あなたは、どっち派?
それとも、先生といっしょに軍隊でも作りますか?


※ 日本の自衛隊を国連軍にしようとするアイディアが、実は坂本義和という政治学者によって議論されたことがあります
※ 昔の「裏で仲良し」な関係(秘密同盟と呼びます)をなくすきっかけになったのはレーニンです。みんな共産主義が怖かったんですね。
※ 私は集団的自衛権を日本が容認することには反対の立場ですができるだけ中立的に書くよう努力してみました。粗い説明なのでツッコミ歓迎。
スポンサーサイト
【2014/06/30 22:37】 | ライフハック | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
”クリエイティブ”な仕事なんてどこにもない。”クリエイティブ”にすることはできる。
学生さんからOB訪問されてよく聞くのが
「クリエイティブな仕事がしたくて、でも絵を描く才能がなくて
それでマーケティングという仕事に興味をもちまして」という動機。
その動機自体は純粋で非常に素敵なのだけれど、
会社に入ったらすぐ絶望して辞めちゃうかもなぁ、と思って聞いている。

私はマーケティングの仕事を始めて、学生時代も含めれば大体5年だが
クリエイティブな仕事だとはあまり思っていない。

そもそもマーケターはものを売る責任が営業とどっこいどっこいである。
毎年売上目標があり、その数字を達成できなければご飯が食えない。
私が食えないのは勝手だが、メーカーだったりすると
工場で製品を瓶詰めしているおねーちゃんもおにーさんも食えない。
彼らだって住宅ローンがあって、残業代見越して計画しているかもしれないのに
売れなかったら残業もなければ残業代もなく、
ローンの返済によって食費が削られたりするのだ。

毎週売れ行きの報告が届き、それが芳しくないとすぐに
社内でアラートが鳴り響く。

「明日までに10億売れるプラン作って
 会議で通して速攻やらないと競合にやられる・・・・・・!」

毎日3時間しか寝ていない状況でひねりだすのは、
大体他社で成功したプランを応用したものであり
それをいかにオリジナルか、クリエイティブかと訴えるのが仕事。

<<じゃあ、クリエイティブな仕事はどこにあるのだろうか?>>

前職の取引先だった会社は名だたる広告代理店と取引をしており
広告代理店のシャレオツな人たちと連日会議をしていた。
しかしシャレオツな広告代理店の仕事は、
クライアントの無茶すぎる飲み会と締切に付き合い切り
その無茶すぎる締切を下請けのクリエイターに投げる仕事である。
彼らの仕事は引き受けることであって作ることではない。

ではデザイナーはクリエイティブなのか。
デザイナーはクライアントの望むものを作る人々である。
どんなに美しかろうが前衛的だろうが
「ここ、もっと商品ロゴ大きくして。あともっと安い!!が前面に押しでるよう
ババーン!と値段を赤字でぶっとくさぁ」というクライアントの
もうデザインとか何とかじゃなくてお前の美意識ウンコでできてんのかよ!
みたいな要望に「かしこまりましたぁ」と受け付けるのが仕事である。

そうしていろんな人がこねくり回して口を出して引っ掻き回し
さらにそれをテレビの放送枠だ雑誌のイメージだ
「あ、この芸能人はXXさんとは共演NGでして〜〜」といった事務所要望やらを
パンパンに押し込んだものが世に出ていく。

下っ端の意見は偉い人の一声に、偉い人の結論はクライアント先に、
クライアントの意思はクリエイターに、クリエイターの意思は編集過程で、
編集の意思は放送規定で・・・・・・みんながんじがらめで仕事をしているのは同じ。

だから「クリエイティブな仕事」を探すと絶望してすぐに辞めることになる。

しかし、仕事をクリエイティブにすることはできる。
学生時代にドラッグストアでバイトしていて、レジですっぴんの女性をカウントした。
化粧水の需要予測を立てるためである。
結果、低迷していた化粧品売り場の理由は、そもそも化粧品ユーザーが
顧客にいないことだとわかり、ギフトとして売りだしたらこれが売れた。
男の子が彼女のために、といって化粧水を買うようになった。

飲み会で接待するのが当たり前の広告代理店で
一切アルコールを入れない接待をクライアントにした。
そしたらそのクライアントが、実は酒が苦手で、と
むしろおいしいお店ネタで盛り上がり、話がまとまったという話を聞いた。

とにかく派手に!安さが目立つ赤を!というメッセージがはびこるデザイン業界で
いっそ赤文字をおしゃれにしてやる!という試みが生まれた。
それがキルラキルCanCamを筆頭とする赤文字系雑誌の
新しいタイポグラフィーを生み出してきた。

戦略を作るマーケターだろうが、広告代理店の営業だろうが、デザイナーも
クリエイティブな仕事ではない。
でも、クリエイティブにすることはできる。
あなたの手で。


テーマ:就職・転職・起業 - ジャンル:就職・お仕事

【2014/06/02 23:04】 | マーケティング | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。