スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ご挨拶
この度は個人ブログ『外資系OLのぐだぐだ』をご覧くださり、ありがとうございます。

恐れ入りますが、本ブログははてなブログへ引っ越しました。
現在はこちらで更新しております。

http://toianna.hatenablog.com/

引き続きよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
【2037/12/31 23:59】 | トイアンナよりご挨拶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外資系OLのぐだぐだは別のブログへ引っ越しました

『外資系OLのぐだぐだ』をご覧くださり、ありがとうございます。
恐れ入りますが、本ブログははてなブログへ引っ越しました。
長文でも文字が読みやすいなど、視認性が主な理由です。

読みやすくなったデザインで、現在はこちらで更新しております。

http://toianna.hatenablog.com/

引き続きよろしくお願い申し上げます。

【2015/05/09 11:18】 | トイアンナよりご挨拶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ライター始めました:恋愛とメイクのハウツーサイト『ハウコレ』

恋愛とメイクのハウツーサイト『ハウコレ』にてライターのお仕事をいただくことになりました。

早速2本公開されています。
束縛、浮気、男女差別!?モラハラ男子の見分け方・4つ
これから激モテ!?まだ発掘されてない優良男子4選

きっかけはこのブログで、先方がメールフォームよりコンタクトしてきてくださりました。私も若い女子には興味が・・・・・・いえ若い女子を対象としたマーケティングには興味がありお仕事頂戴することとなりました。これで女子大生にモテたりしないものでしょうか。

お声がけ頂いた際にハウコレを見た感想は「若い女性に受けるためには論理的でない方がいいらしい」ということで、頭を抱えています。こういう「いつもの武器」が通用しない場所で修行できるのはありがたいことです。頑張ります。

蛇足ですが、ハウコレの著者紹介ページには後姿ですが写真も掲載されています。写真が苦手で手持ちも無かったので、先日クリスマスディナー中に日本料理屋で撮影してもらいました。日本料理のお店背景の壁が1色だから顔写真をPhotoshopでいじりやすかったです。Photoshopで顔をいじる方法はこちらを参考にさせていただきました。

ごく一部の人に「porter_nycの中の人ではないか」「藤沢数希の中の人ではないか」などと言われていたわたくしの実存を証明できて何よりです。

ハウコレではターゲティングされた文章を書きますが、このブログは変わらず個人の日記であり、その日思いついたことをぐだぐだ書くつもりです。引き続きご愛顧のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

【2015/01/05 13:41】 | トイアンナよりご挨拶 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結婚しました

2015年1月1日に結婚いたしました。

夫の話を一切してこなかったのは感情がほとばしりすぎて書けなかったことと、最近ブログのテーマが「結婚を強制する日本社会への抵抗」なくせに結婚を進めていた矛盾について説明しづらい、というのが理由でした。(参照:いい年して結婚しないと人格が歪むから総合職を辞めた)

ブーケトスは結婚したくない人への差別とか夫婦同居の義務は人権侵害とごちゃごちゃうるさい私が、極めてリベラルな夫婦観のもと結婚できたことをありがたく思います。

近しい友人へあらかじめ伝えていた結婚のご報告と同時に、「結婚相手の決め手となったのは彼のどんなところだったの?」という話があったのでノロケのパイ包みを兼ねて書いてみます。今まで書いてきた全てのブログの中で一番筆が進みません……。

1.「ありがとう」と「ごめんなさい」が言える

独身女性におくる「結婚向きのいい男」5つの特徴 にもありましたが、「ありがとう」「ごめんなさい」を言える男性は、おどろくほど少ないです。海外のようにSorryを言ったが最後、賠償請求でもされるというのでしょうか。いいえ、お金より高い彼らのプライドに「ごめんなさい」は重すぎるのです。

結婚まえに1度、関係が悪化したことがあります。彼が「どんな事実であれ、傷つけたことに対してごめん」と私への感情ベースで謝ってくれたことに感銘を受けました。それまで私は「自分の非を認めたら謝る」タイプだったのですが、以降は「相手が傷ついたなら、その傷つきに対して謝る」ように気をつけています。

また、彼の方が「ありがとう」を言える人です。「ありがとう」と言われると「ありがとう」をより言ってもらうために素敵な言葉をかけたくなるものだと教わりました。「今日はイケメンとデートできて幸せだったな」とか「いまいた会場で一番きれいだったよ」みたいな声がけと「ありがとう」はセットの言葉だからです。思っていても恥ずかしい言葉が、ありがとうの循環で言えるならとても素敵なことだと思います。


2.外見が好み

身も蓋もないです。が、外見が好みだとたとえ喧嘩しようにも力が抜けます。男性目線で言うなら、イラッとしても目の前にGカップの巨乳がチラつくようなものです。

外見というのは顔立ちだけでなく、爪の形、椅子を引く手の形、肌の質感、まつげの長さ、おへその形、筋肉のつきやすい箇所、といった細かいものを全て含みます。例えば私は乾燥肌で、末端冷え性の人が好みです。乾燥肌だと撫でるときワンコみたいにぐしゃぐしゃっと撫でられますし、末端冷え性だと冷えてることを言い訳にして温めるため手を繋げるからです。

こういう細かすぎる外見の好みが合致しないと、結婚まで至れません。体質なので変えることもできませんし、子供にまで影響するのでとても大事です。

また「外見で気にしない部分」の相性も重要だと思っています。例えば(夫はそうではありませんが)水虫は治療過程なら全然OKとか、白髪は苦労の勲章だと思う・・・・・・といった要素で相手がたとえ気にしていても、こっちが一切気にしないこともあります。そこが双方合致する相手に出会えるのは奇跡のような確率だと思っているので、出会えたが最後次はいないぞ!と思いました。


3.相手の「お金を使いたい場所」が理解できる

よく「金銭感覚の一致」が結婚には大切だと言いますが、それって具体的になんだろう、というのが未婚の頃に思っていたことでした。夫と出会って今感じているのは「お金を使いたい場所が同じ」というところです。

大きなところだと、私と彼のエンゲル係数は50%以上だと思います。食事とお酒に給与の半分くらいを使っている計算です。一般家庭では異常と思われても仕方のないことですが、お互いに食事が好きなので使うことに抵抗はありません。そのために他の支出(婚約指輪、旅行、衣類、美容)を削ることもなんとも思いません。

私は食事が大好きで月に1度くらいはそこそこのレストランへ行きますが、基礎化粧品は気が向いたときにメンソレータムを顔に塗っているだけです。ファンデーションは年に2つしか消費しません。このバランス感でいいよね、と思えるパートナーにめぐり合えたことを幸運に思っています。

小さなところだと、水道水を出しっぱなしにしてお皿を洗う派か、歯磨き粉は格安派かそれとも機能重視か・・・・・・こういったレベルまで合致すれば、小競り合いレベルの喧嘩が防がれると思います。はるか昔に「水道水を出しっぱなしにして皿洗いするとは、お前お湯が何円すると思ってんだ!」と怒鳴られた経験がある身としては、金銭感覚がミクロで一致していることが日々の幸せに直結すると思っています。

私のような偏った性格の人間が、彼と付き合えたこと、人生のカウンターパートになれたことを有り難く思います。これから小さな感謝と小さな負い目を積み重ねて、人生を一緒に刻んでいきたいです。

ひとまずご報告とノロケまで。

トイアンナ 2015年1月3日

【2015/01/03 12:54】 | トイアンナよりご挨拶 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。