スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オタク彼氏の集めたコレクションを勝手に捨てた

彼のコレクションを捨てたのは、仲が悪くなったからではない。彼の趣味は、2次元アニメ系でもわりとマス受けするほうだと思う。むしろオシャレとされるアニメだった。これならキッチンカウンターに並んでいても、インテリアになるかもレベルの。

でも、私は彼のコレクションへの扱いが不満だった。

凝り性の男性はものを買う。そして、その後ぞんざいに扱うことが多い。よくTwitterには美しく部屋いっぱいにフィギュアをディスプレイした写真がアップされるが、あんな美しい部屋、見たことがない。凝り性の男性の部屋は10人以上見てきたと思うが、どの部屋も積まれた本やDVDで遭難しそうだった。唯一の避難所は数年シーツが同じベッド。死ねと仰るのか?

私は物を長く使えない人間だ。靴はすぐすり減らして買い換えるし、衝動買いに後悔したことも多い。けれども、仮にコレクターを自負するなら「俺の嫁」は大切にできないものか。というかもう、元嫁〜初嫁までがごっちゃになり、さながら妻の廃棄施設。私って、ここに積まれるもう一つのゴミなのかしら?と被害妄想を起こしそうになる。

そして「これ、大事にしないなら捨てるよ」と警告すると、答えは決まってこうである。

「いつか片付けるよ」
「ええっ、これ以上片付けろと?」
「いやいや、これには整然と順番があってね(と汚れた衣類に埋もれた漫画を指差す)」

別に女性でもいきなり男のものを捨てる人は少ないだろう。
不毛なやりとりを繰り返し、共有スペースが衣類・生ゴミ・嫁でぐちょぐちょになった末、

捨てるぞ。

と、決意するのだ。

私はコレクター精神を愛してやまない。だが、愛するコレクションを大事に扱わず、日用品やホコリや生ゴミ(!)とごちゃごちゃにしておきながら、その上で捨てるなと言われても知るかと思っているだけだ。だが、コレクションをぞんざいに扱う人間のどれほど多いことか。

そして捨てた。といっても、勝手に処分したわけではない。ダンボールにまとめて、1度私の家へ引き上げたのだ。驚くことに、3日間ほど彼はコレクションの喪失に気づかなかった。あれだけ大事にしていたものがなくなったのに。数日後、彼とは大げんかになったが、私はもう別れると決めていた。2次元の「嫁」が消えて3日間気づかない人なんて、将来私が3日間消えても気づかないに決まってる。

これは約10年前の話だが、もし彼女や妻がコレクションを理解してくれないなら、一度考えてほしい。あなたの大事なコレクションは、きちんと「嫁」として扱われているのか。その扱いが「嫁」に対するものならば、3次元の「嫁」がどう思うかを。次元の違う嫁を大事にできないなんて、コレクターの風下にも置けないということを。


⭐︎たまに2ちゃんで出てくる、きちんと美しくコレクションしているのに財産を捨てる人間については、ただの犯罪者だと思う。というか、私もコレクターなので許せぬ。


スポンサーサイト
【2015/05/04 19:47】 | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
意識の高い自殺未遂を繰り返したらご飯がおいしくなった

自殺未遂したことありますか?私は5回したことがあります。こういう過去を明かすのはすっごく恥ずかしい。5回も自殺しようとして元気だなんて、5浪の受験生かよwwwという恥ずかしさに耐えられません。欝だ死のう。

さて、この世には①死にたいなんて思わない人と、②しっかり1回で自殺する人と、③私のように複数回自殺未遂を繰り返す人がいます。もちろんヒエラルキーでは自殺未遂マンが一番下。しかし、最下層の人間にしか見られない世界もあるはず。と、いう希望を以って今回は自殺未遂を繰り返す人のある「才能」について書きます。


1.人は生きるようにできている

自殺未遂をある真剣にやれば、意識を失うことはできます。しかし、人間は驚異的な力で現世へ戻ってきます。1度オーバードーズ(薬物大量摂取)で死のうと思ったときに、私は万全の対策を取りました。

①昏睡したら窒息死できるようビニール袋を被る
②ビニール袋を外さないよう手を縛る
③上記が失敗しても低体温症で死ねるよう水に浸かる

つまり「薬物」「窒息」「低体温」の3連打で打って出たわけです。どうですかこの布陣。あまりに(死への)セーフティネットを貼りすぎて死ぬ道しか見えません。唯一の欠点は《端から見ると全裸で後ろ手に縛られビニール袋を被った中学生》がいてクソダサいわけですが、外見より機能性重視ですよ。どうせボールドよりナノックス選ぶ女ですよ。

さて、万全な自殺企画を立てた私ですが、数日後には点滴を打たれるだけでいいほど回復していました。記憶の途切れ途切れでむちゃくちゃな胃洗浄をされた恐ろしい記憶がよみがえります。

「ヤバイ、死ぬかと思った」と思って、我に帰りました。

お前、死ぬ気じゃなかったのかよ。

当時の私は悲惨な状況にありました。それなのに、体は生きようとするし、心までうっかり「死ぬかと思った」とかノンキなことを思う。この《こうありたい自分》と《実際にそうならない心と体》のギャップが恥ずかしくて死ぬかと思いました。この「死ぬことすらできない」という猛烈な絶望と恥ずかしさは、自殺未遂をした人間にしか味わえません。


2.失うものがないから人生が楽になる

人生で失うものが無い人とは、当時の私のような「何かあっても死ぬからどうでもいい」というスタンスを取れる人間でもあります。自分の命を粗末にできる人間にとって、他人の命も同じくらいどうでもいい。

で、自殺未遂をした直後は「自分の命を粗末にしきった瞬間」です。何かあったら死ぬかもしれない自分をリアルに体感しています。だから、自殺未遂前よりやりたかったことをやれるようになります

やりたかったことをやるといっても『自殺未遂まで追い込んだ人間へ復讐する』といったものだけではなく、高校の進路を自分の好きなように決めたり、フリーランスの生き方を模索したりと他人の意見を気にせず生きられるようになるわけです。自殺未遂したての人に合うと、思ったよりリラックスした表情に出会えるのはこのためです。そこで心配して駆けつけた人間は思います。

お前、死ぬ気じゃなかったのかよ。(2回目)

うん、ごめんね。自殺したては元気です。


3.感覚を大事にするようになる

自殺未遂をすれば、時には回復するまでにおそろしい痛み、苦しみを味わいます(自業自得)。その結果、自殺前より感覚を大切にする人が増えるのではないかと見ています。絵画、音楽、食事、スポーツといった活動に積極的に参加して、感受性を享受するひとが自殺未遂を繰り返す人には多いように思われます。

自殺未遂したから感受性が高まるというよりは、「感受性が強いから自殺未遂したくなる」というむしろ原因になっているのかもしれません。しかし「退院して最初のご飯が死ぬほど美味しかった」とか「心情を描いて落ち着く」など感覚を楽しめる要素が、こと自殺未遂経験者には多いと感じています。自殺未遂経験者同士で非常に美味しい酒を飲みながら「これを生還後に飲んで生きる希望が沸いた」という話題になることもしばしば。


ここまで書くと、頑張って自殺未遂をした人間にはある適性が生まれることが伝わるでしょうか。

自殺未遂を繰り返した人はグルメの適性があります。

グルメに必要なのは「自分で死すら選べないが、死ぬときは死ぬ」という諦観、「思いのまま生きる態度」そして「高い感受性」です。自殺未遂を繰り返した人はこのクッソ平和な日本で珍しく《死線をさまよった後のご飯が美味しい》と知っている人間です。

だからそこの生還したあなた、次の自殺プロット組む前に、一緒に美味しいご飯を食べましょう。どうせ、抗うつ剤は食後服用なんでしょ?と言うのが、最近のマイブームです。


【2015/02/18 13:20】 | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
駐妻コミュニティで静かに広がる新興宗教

少なくなってきたとはいえ「駐妻」という言葉は憧れの響きを持っている。自分は専業主婦として海外で奮闘する夫を支えながら毎日お稽古事。タダで外国語がぺらぺらになって帰国する-私が何も駐妻について知らなかったときに抱いていたイメージはこんな感じだった。地味なメーカーに勤める父を持った私にとって駐妻という職種はドラマにいるような、遠い世界の出来事だった。

しかし、現実がそう甘くないことは指摘され始めている。英語は思ったほど話せない、現地の駐妻コミュニティに頼らざるをえない。そうするとますます現地語や文化とは遠ざかってしまう。

駐妻ヒエラルキー社会での息苦しい生活。夫のほうが海外適応できずに鬱になってしまう。帰国したときに期待される「ペラペラの英語と優雅な暮らしぶり」。駐妻は思ったよりストレスフルな生き方である、ということも認識され始めているだろう。

そもそも、海外に一定期間以上在住する日本人女性は3パターンくらいいる。

(1) 長期留学生
自分の意思で海外に来た学生。多くは大学生以上。英語を学ぶ必要性にかられている。学校で現地の友人も作りやすい環境にある。また、学生同士の日本人コミュニティが都会にはあり、学生同士を頼ることができる。FaceTimeなどデジタルツールも使いこなし、日本のメディアや友人とも接点を持つことができる。先進国留学だとお金はなく、休み期間にはビザの許す範囲でバイトをすることも。

(2) 駐妻
夫の都合で海外へ来た女性。ベースの語学力は無いことが多く、子育てをする場合は集中的に学習する時間もない。現地の人間と接点は少なく、あっても語学力がハンデになり社交的になれない。駐妻を見つけコミュニティに属したり、習い事をすることで移住のストレスから逃れることができる。結果、10年駐在しても現地語を話せない人もざらに出る。貧乏なことは少ない

(3) 現地人と結婚した妻
国際結婚により海外移住した女性。滞在期間が長い&夫側の親族は現地にいるため子育てなどのサポートは駐妻より得られる。半面海外赴任給がないので駐妻より所得が少ない。国際結婚をしていても現地で勤務できるほどの語学力がある人はまれなので日本人レストランでバイトをするなどして糊口をしのぐ。夫/子が人種差別に遭うリスクがあるなど、他のグループとは異なる悩みを抱える。

このように全員が違う特性を持っているため「日本人」というだけでは仲良くなることが難しい。駐妻が同じ境遇の女性たちと唯一の鬱憤晴らしにアフタヌーンティーへ行く姿は、留学生から怠惰に、現地人妻からは贅沢に見えるだろう。そんな中、孤独な駐妻に忍び寄るのが「日本の新興宗教」だ。

日本の新興宗教で海外進出している団体は意外と多い。現地支部には「本国」から指導者が派遣され、留学生している日本人スタッフを雇用することもある。
日本発の宗教なのでテキストや演説は日本語で実施される。海外に放り出されて夫は多忙になり、寂しい思いをしている孤独な駐妻にとってはオアシスのような「日本人コミュニティ」が用意されている。

新興宗教も海外での役割をよく理解していて、よくパーティや日本人会を開き、日本人の友人を求める人にとってハードルが低くなるような一般イベントを実施する。しかも、宗教という特性からかここには"留学生からの差別的な目線" "駐妻同士の張り合い"が存在しないので心安らぐ人も多いであろう。

最初は日本人サークルのようにして会に参加し、徐々に「こんなすごいことを言ってる方がいるんだけど」「1日1ついいことをするボランティアに参加しない?」などと言って宗教色が強まっていく。そこで危機感を抱く人がいても、得てしまった居心地の良い日本人コミュニティから抜け出すことはできない

こうして、新興宗教は現地で勢力を伸ばしていく。駐妻は駐妻同士でもつながりを作るため、外への勧誘も容易だ。留学生と異なり"日本人が怪しい宗教を広めてきた"と同級生から思われるリスクもない。こうして、新興宗教が「日本人会」という盾に守られて静かに広がっていく。

夫はこういった妻の変化に気づかないのだろうか?私の知る限り、答えは否。

駐在男性のほうが一般的に海外赴任でストレスを受けやすく、異なる労働体系や文化に苦しむ事例が多い。飲ミニケーションを図ったらパワハラで訴えられたり、現地スタッフに「1日1時間も残業させられるならストライキするぞ」と脅されたりする。とても妻の交友関係の変化になど鋭く目を光らせる余裕は無い。夫が妻の変化に気づくのは家に神棚か仏壇が置かれたり、「修行」で数日外泊されてから

新興宗教にそこまでネガティブな意識をむやみに持ちたくはない。駐妻が鬱になるリスクは、新興宗教なしでは有意に上がるとすら信じている。しかし、その存在を事前に知らず海外駐在へ同伴するのと、しないのとでは自分がどう海外で暮らしたいかについて、心構えが変わるはずだ。

【2014/11/28 12:29】 | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
性暴力のサバイバーと支援者のための情報サイト「サバイバーズ・リソース」開設に当たって

私事も私事なのですが、つい先日「サバイバーズ・リソース」というサイトを開設しました。性暴力の被害に遭われた方(サバイバー)、その周囲の方、研究者や支援者の方にとって有益となりそうな情報を集め、配信していくサービスです。

といっても、ここで正義とか人権がという公的な発言をするためにブログを作ったわけじゃないので、ここからは完全になんで性暴力サバイバー支援に携わったのかや、この設立までの紆余曲折を酒を片手に書きたいと思っています。

そもそも私自身は、12歳の頃に友人がレイプされている現場を目撃しました。荒れていた小学校では、早くもレイプがいじめの一部として扱われていました。その後17歳の頃、自分もレイプの被害に遭いました。その後精神療法でしっかり立ち直るまではセックスの最中に泣き出したり、事件現場に近い臭いを嗅ぐと戻してしまったりとやっかいな体を抱えました。

現在は普通に暮らしていますが、やっぱり3次元レイプものAVは正視できません。陵辱ものは小さな合意が見えるから全然OKなんですが。

でも、被害にあったことが私を駆り立てたとは思えません。今は精神的にもとても安定していて、メンヘラの人を遠ざけるようになり始めています。多くの活動家の方へは申し訳ないくらい、私は一般人サイドに近くなってしまっています。

だから、普通の人が性暴力の情報なんてエロくなければどうでもいい、ということもわかっています。私だって重たいレイプの話題を延々見るよりは、はぁちゅうの恋愛トーク見ていた方が何も考えずにいられるから楽です。

ただ、数点だけ「許せないこと」があったから活動をしてきました

たとえば、

・ 男性・トランスジェンダーの人は「被害に遭った人」として扱われづらい
・ 女性でも、年齢や外見などを理由に「被害に遭った人」ではないと中傷されたりする
・ 日本中に支援グループはあるが、クローズドな空間になっている

このあたりはずっとモヤモヤしていました。

北海道から沖縄に引っ越したら、相談窓口をまた一から探さなくてはならない。性暴力防止・反対活動をする団体の代表は精神が不安定な方も多い(失礼)ので、数年でメンタルの不調を理由に「ウェブサイトはあっても活動していない」幽霊NPOがゴロゴロしてしまう。いざ自助グループに行こうかと思っても「男性はお断り」。生きるのだけで精一杯の人もいるのに。

一緒に働いている方たちと「性暴力防止関連で何かやろう」というラフな話題から、「情報提供をする”Yahoo!性暴力”的なサイト」があったらいいのではないか、という話になり、設立まで丸1年くらいかかりました。

でもとりあえず、発進はしました。正直不安でいっぱいです。まだWordpressもロクに使えないのに。ユーザーインターフェースもまだまだ改善の余地があります。でも改善まで数ヶ月待ってください。任意団体として、予算全部持ち出しで始めた所業ですので、少しずつ、少しずつ。

でも、例えば寄付金できちんと各団体を取材したり、影響力のある方のコメントをいただけるようになれれば嬉しいです。性暴力について理解していただいて「わくわく」とか「知らなかった!」とポジティブに思えるような、まえに進んだ気持ちになるような、そういうメディアになればいいなぁ、と団体の意向を完全にスルーして、個人的には思ってます。

ああ、結局宣伝っぽくなってしまった。少なくとも私は誰かの為に、なんて素敵な話ではなく自己満足のためにやってます。だから、ブログがもう1個増えたと思っていただければ幸いです。ただしサバイバーズリソースはシラフで書くけどね。開設直前まで幽霊会員になっていたので、そろそろ仕事しないとクビになりそう。

★「うちの団体のイベントについて掲載して」なんかも大歓迎です。むしろ全国に散らばりすぎててもう情報つかめない。私も社会人ですし、どこまで関わり続けられるかは分かりませんが。

【2014/11/12 01:19】 | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
殺意まみれの趣味:美食のススメ

ご飯を人並み以上に好きだと気づいたのは8歳頃。当時、実家に料理ができる家族はいなかったので、外食かお手伝いさんに作ってもらっていた。その日もいつもどおり外食で、といっても普通の定食屋に行ったのだが、そこのマグロが美味しくなかったんである。一口で全部残した。

当時私は刺身といえばマグロ、マグロといえば刺身くらいのマグロ好きで、親も好き嫌いでマグロを残しているのではないことに気づき露骨にいやそうな顔をした。「こいつ、食費がかかるガキになるなぁ」と。

さて、それから10年以上たち、自分で食事を選ぶことができる大学生になった。その前に食事の墓場として名高いイギリスに住んでいたこともあって、最初はチェーン焼肉でも感謝の祈りをささげるくらいのバカ舌。それが近所のラーメンに始まり、あら大学前のイタリアンって味がまともなのね、あぁ自由が丘に素敵なオムライスが食べられる店があるのね、と地に足の着いた金額で食事を楽しんでいた。

転機は大学3年の頃。
Le Creation de Narisawaとの出会い。

当時私は就職活動でOB訪問を100件ほどしていて、さらにそのOBも美味しくいただくというビッチっぷりを発揮していた。金が無かったのでご飯代を浮かせていた側面も大きい。OBのうちの一人にとてつもないグルメがいて、ランチでNARISAWAを選んでくれた。私は絶望的に記憶力が悪いのだが、当時のことは目にこびついて離れない。酵母から目の前で焼かれるパン、炭に包まれてやさしく蕩けるような牡蠣、高野山から採ってきた枯葉のかぐわしさに包まれるアイスクリーム。OBのことは何も覚えていないが、味なら今でも思い出せる。

それから、食べるために生きることになった。

美食家の道は険しい。まず金がかかる。外食が必然的に増えてしまうので、学生時代から月に15万ざらに飛んでいった。酒が飲めないと話にならないタイプの食事もあるので、下戸には正直険しい道だ。

次に美味しい店は少ない。食べログは「夜景がきれい」「出てくるのが早い」さらには「デートだったからドキドキして味は覚えてませんが最高のお店でした」なんていうおおよそ味とは全く関係ない要素で点数が変わってしまうので、ほぼアテにならない。

頼りになるのは同じ美食家の友人しかいないが、学生でそれだけ食事に金をかける狂人はそういない。趣味は食事だとアピールしながら、それで話しかけてくる相手と少しずつ友人になる。友人を見定めるのも真剣勝負だ。地元が漁業地だから和食だけ強い人もいれば、素材が美味しければソースを気にしない人、ワインの味はとかく鋭敏なのにご飯の舌はメタクソ……と人には強み・弱みがある。美食家になったエピソード、好きな食材などを恐る恐る聞いていく。好きな店は聞かない。なぜなら、美味しい店というのは美食家にとってトップ・シークレットだから。

そうして美食家を見つけると初めてご飯にありつけるわけだが、学生時代は特に美食の友が40代以上のバブル経験世代に集中してしまって、店員からも"既婚者と不倫している大学生"と勘違いされてL字型の席に案内されたり。ふざけるな肘が当たって食事に集中できないじゃないか!

逆に同級生~後輩を美食家にしてしまおうと、仲良くなった異性を美味しいお店へ招待したこともある。
今度は「女性に奢りたいのに高い店へ連れて行かれた」「どうせ何食べてもファミチキと変わらない」と、もう殺意を覚えんばかりの台詞が聞こえる。仮に美味しいと思っていただけたとしても、今度はそれをfacebook/twitterでシェアされてしまう。あぁ、これ以上混雑したら二度と入店できなくなってしまうのに。

こうして「奢ってもいいから美味しい店へ行こう、代わりにシェアしないでね」の立場を確立した私は、いつしかフェミニストの扱いを受けることになった。理不尽すぎる。。。

社会人になってからは接待で鍛えられたのか、徐々に美食家の同年代が増えてきてご飯に誘いやすくなった。相手も私がきれいな夜景の見える六本木の中華☆とかでなく、至極の焼き鳥などを求める人だと心得てくれるのが嬉しい。また、勤務地に合わせて居住地が分散した結果、各地域のグルメを交換できるようになった。今私が人にオススメできるくらい美味しい店で、一番遠いものはドイツ・ベルリンにある。経済的な余裕も少しできたので、食事のために空を飛ぶこともできるようになった。死ぬまでに食べなければいけない店が世界中にある。


まずい飯を排し、美味しい飯を探す。


たったこれだけのために、時間もお金も山ほどつぎ込んできた。そしてこれからはいつまでも食べるために運動も再開しなくてはならない。血糖値なんて気にしないでいるためには、体のメンテが欠かせない。

酒が飲めなくなる日のために、今からノンアルコールドリンクの妙も知らねばなるまい。いつか私が反抗期になって親を法的に訴えようとしたときに、父が私をなだめるために使った店のような場所も、同じく子供に伝えねばなるまい。そのとき今尊敬するシェフは現役だろうか、同じ場所にいてくれるだろうか。こんなに食事に対して排他的な私に、一緒に食べてくれる友人はいてくれるだろうか。

今回も大好きだったジビエの名店が閉店することになり、思いのたけをブログに書きたくなった。美食なんて、頭のおかしい趣味だと思う。けれど、美味しい食事に出会えて、本当に良かった。


※ NARISAWAは現在、非常に注目度が高まった結果、価格が上昇しているのとシェフの成長が停滞しているためオススメできる店舗ではありません。ランチであれば悪くない。


【2014/10/30 12:09】 | メンタルヘルス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。